アーカイブ:2017年11月15日

11/15

かたる:基本的に全体相場は調整入りしたわけで…カタルが9日にポジションを閉じた理由が分かるかと思います。しかしその後、それほど…警戒をする必要はないかも知れないとの見方に変えています。指数で上がった為、指数で下がるのは当たり前ですが、これから、出遅れ株の修正が進むかどうか…。

もともと…カタルは黒字企業で、毎年、内部留保が蓄積されるのに、一株あたりの純資産価値を、株価が下回っている現実が、おかしいと述べています。論理的には、企業は自社株買いをすれば…さらに利益を蓄積できます。

一例を、掲げれば…本日、1000億円の自社株買い報道があった三菱UFJなどは、代表的な事例です。三菱UFJの持っている主な資産は、都心の優良不動産で…駅前の立地が多いですからね。日立などの田舎の土地と違い、三菱UFJが持っている資産は、誰もが欲しがる優良な資産です。

トヨタなどの工場は、資産価値があるのか、どうか…疑わしいのです。しかし都市銀行は誰もが認める優良資産ですよ。その純資産を割れるとは…。TOBを掛けて、会社を解体すれば手持ち資金は大きく増えます。この論理を日経新聞は1986年3月に報道しました。三菱地所を今の株価の2倍で買収しても、解散価値は3兆5000億円も残る…と報道して、バブル相場に発展する「切っ掛け」を作ったのです。

見方が…大きく変わるのです。実質時代と名目時代は…。この辺りの認識がないと、これから始まる相場に付いて行けません。何故、22750円の壁が、抜けたか? よく考えるべきです。簡単に株価操作などは出来ません。

その株価操作ですが、SUMCOには驚きました。新日鉄が売ったとの報道が、この利益に結び付くのですよ。カタルは、全体の流れを見誤り…狙って、買ってはいましたが、力を入れるラインを間違いましたね。 まさか…16連騰に、22750円を、一気に抜くなんて…考えもしませんでした。何しろ…SUMCOは3000円台ですからね。

この相場は、「仕掛け人の」関与があったのでしょう。新日鉄の玉を大量に仕入れて…自分達の種玉にしたのでしょう。仕掛け人が存在するかどうか…。非常に大切だと言う事が分かります。アドバンテストの参入した連中は、あまり相場が上手くなく、力量も乏しいのでしょう。

カタルが指摘していた「新川」(6274)も、遂に1000円台に乗りました。実は…夢テクと同じ時期に迷っていました。新川も、何度か…カタルは売り買いをしています。でもまだ持っている人には、卒業宣言をします。でもカタルが卒業宣言をした後の方が、良く株価は騰がるようです。このSUMCOもそうです。

さて本日は、赤字決算を発表してストップ安で、大量の売り物の「クロスマーケティング」(3675)ですが、カタルは2000株だけ残しました。既に卒業宣言をした株ですが、データサイエンスは、これからの成長分野です。きっと五十嵐さんは有能な経営者でしょう。

現在は市場調査でしかありませんが、データは宝の山です。五十嵐さんの手腕を信じて…カタルは、再び、ここから参加します。本日は600円からストップ安まで…段階的に買いを入れてあります。本日は、少し多く3000株の買いを、既に用いてあります。明日も、安ければ…買いに行く予定です。

ただ…短期ではありませんから、一緒に参加する人は「時間」を覚悟して下さい。最高2年程度は、掛かるかも知れません。カタルは12月の数字が、固まる来年の2月には、上手く行けば…相場がスタートすると考えています。だから12月になったら買うつもりでした。でも、運よくストップ安だから…此処からの参加です。

力があるなら10万株単位で買っても…面白いでしょう。でも貧乏人ですからね。だから本日の3000株も多過ぎるから…引けも100万以上の売り長なら、1000株減らして2000株にするかもしれません。どうして…我慢が、出来ないのでしょう。この株は、何れ、また4ケタに復帰するのでしょう。こんな事は、みんな事前に決まっているのです。

こんな全体相場だから、ユビキタスかな?…と思っていましたが、しかし目先はダメでした。でもカタルは1500株を残しています。この1000株は800円台の買いですが、残りの500株は945円の買い値です。1430円を見て、売らずにいた馬鹿野郎です。又買えば良いや…と、負け惜しみを言っています。夢テクも可能性がありますが…今は、まだハッキリしません。此方は1万以上、保持しています。又買おうと思っています。

今は…クラウドワークスです。本日の数字が良ければ、一気に、上値を買うつもりです。4ケタ以下なら…買いでしょう。昨日、示したように「損益分岐点」を抜けたので…これからの売り上げ増は、利益に直結します。

売上高営業利益率が、髙くなる産業モデルの「雄」は、1万円以上の企業に、成長するケースがあるのです。クラウドワークスは、そのモデル企業です。故に…カタルはアドバンテストを1万株、持っていましたが切り替えたのです。まぁ、皆さんには…現時点では、分からないのかもしれません。

今の相場環境での個人は、基本的に「買いたい」はずです。だから…「一本立ち」する相場が生まれるはずです。「仕掛け人」の腕の見せ所です。経営サイドと仕掛け筋が、一体化する相場は、なかなかのものです。クラウドワークスは、現時点では黒字化するかどうか…ですから、強弱感が対立して相場になりやすいのです。故にユビキタスも可能性はあると思ったのですが…、トホホ。

本日も、クラウドワークスの下値に買いを入れてあります。もうある程度買ったので…無理して、上値を買う事もないでしょう。あとは数字を、実際に観てからにします。どんな数字を出すのか…まぁ事前に発表していますが、説明文も、かなり重要です。

売り物が、被っているクロスマーケティングですが、こんな事は、事前に分かっていた事です。それなのに…何故、正式に赤字を発表したことに驚き…今頃、売るのでしょう。

皆さんは、決算短信を読まないのでしょうか? この内容は、買収した相手先が好調だったので、追加の契約があり、のれん代が膨らんだのですね。だからV字回復が、決まっているのです。故に、カタルは、此処から、新たに参戦して3000株を買いに行っている訳です。確かに…まだ需給バランスは悪く、時間を要するでしょう。しかしドンドン…と株価が下がる内容ではありませんよ。

良いですから…カタルの読者は、「賢い投資家」になってくださいね。自分で決算書類を読んで、社長の気持ちになりなさい。クラウドワークスを、最初に買った理由は、何故、特別欠損を計上するのでしょう。内容が良いから、含み損を償却するのです。ケネディクスもそうでしたね。 内容が悪いなら隠しますよ。例えば…怪しいのは「Jトラスト」です。タイの出資先は、非常に危ない可能性があります。

吉田さんが、何故、此処に来て投資をするのでしょう。今までは、投資をしてなかったのです。おそらく…自社の内容が、かなり良くなっているのでしょう。人手不足はドンドン深刻化します。だからカタルは「夢テク」にも、肩入れしています。もともとビジネスモデルはクラウドワークスの方が上です。あとは…経営者の手腕です。

ケネディクスは、昨日、出来高が膨らんだ割に1円安になりましたが、非常に有望です。何れ、時間があれば…詳しく解説します。新川もようやく4ケタに乗り、汚名挽回(汚名返上?)です。予想通り…クロスマーケティングも600円を割れて、読み通りです。チャンスは沢山あります。皆さんは、そのチャンスを、活かすかどうか…。今回だってSUMCOでしたね。カタルの読み違いです。

自分が、カタルレポートの中から、どれを採用するか…。かなりカタルは銘柄を絞っていますからね。その中から、自分で選択して、自由に売り買いをすればいいのでしょう。

本日は忙しく…この辺で、お終いです。また、明日。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。
2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
株式投資関連の本