09/10

かたる:相場はだいたい予想通りの展開を演じているようです。カタルは25日が安値だったと思いますね。しかし昨日も述べたように…、多くの銘柄が9月8日に2番底と言うか…安値を付けています。故に、昨日の上昇から2週間が次のポイントになりますね。連休を挟むので実質的には、若干遅れるかもしれません。でも昨日の上昇幅は大きく、明らかに下げ過ぎだったことが証明された格好です。空売りと先物からの下落と述べましたが、その通りですね。調べたら…東証の統計では、5月まで海外投資家は買い越しですが、6月は1784億円、7月は3022億円の売り越しでした。8月は、1兆1367億円と膨らんでいます。この動きが、国内勢のデフレ心理を呼び込んだのでしょう。人間の潜在意識はなかなか変えられませんからね。「失われた時代」の時間は、我々日本人を、パブロフの条件反射の実験のように、動議づけされた期間でした。故に、このような反応は仕方ないかもしれません。

折角、マイナンバー制度を実施するのですから、カタルが前から述べているキャッシュレス社会を構築すればいいのですね。GPS機能を合わせ、スマフォで対応すれば、犯罪も脱税もなくなり、効率的な社会になります。何故、安倍政権は実施しないのか不思議です。いずれ…やることに成ります。世界に先駆け実施すれば、犯罪の無い国に移行できますね。何しろ、足取りが追えますから、確実に、犯罪者は捕まります。故に犯罪は激減します。会社も全てマイナンバーです。脱税など出来ませんね。みんなが公平になります。世の中、ライブドアが駄目で、東芝が許される社会がおかしいのです。村論理も、いい加減にしないとなりません。ゴタクを述べても仕方ありませんが…、政策官僚は、是非、考えて欲しいものです。

昨日のNY市場が安いからと言って、心配することはありませんね。2年物金利を見ると未だに利上げ懸念が存在するようです。どっちにしても…コメントが重要ですね。1937年問題を心配している理由は、カタルもそうですが、人間は自説に拘るからですね。臨機応変の対応は、非常に難しいのです。あれは福井さんの時代だったかな? 結局、バブル発生の反省が、日銀内に根強く存在し、少し経済が上昇しマネーストックが増えると途端に引き締めました。同じことが米国にも言えます。現在はサブプライムローンが形を変えて増えていると言いますからね。このような現象を必要以上に警戒します。しかしカタルはサマーズや、IMFの意見が、正しいと思いますね。人間社会は、常に昨日の自分と比較し、自分自身の心理がコロコロ変わります。株を考えると分かりますね。昨日、1300円高かな…もの大幅高をしたので、気持ちが変化しましたね。でも上がったと言っても2万円台の6月に比べると…18770円ですからね。大きくやられています。面白いでしょう。つまり金融統計数字も、前年比較が重要なのですね。絶対量のタガではありません。

米国のマネタリーベースの話をしているのですよ。新興国から資金が引き上げられているから、様々な問題を誘発しています。中国問題も、その一環です。これは安全保障上の問題もあり、ロシアをターゲットにしている可能性もあります。イランもそうですね。いきなり力を付けるのは、困るのでしょう。中国の南沙問題も絡みます。どっちにしても…もう少しすれば、中国の成長は止まります。日本同様に構造改革の時間が必要になりますからね。こんな事は常識で、事前に分かっています。要するに、どのスピードで変化するのか?

株の読みと同じで、株価が騰がるのは事前に分かっていますが、どのタイミングで移行するのかが…分からないのですね。この揺れを、どうやって事前に察知するか?このタイミングを、試行錯誤でカタルは探っており、様々な実験を繰り返していますが、なかなか答えに、たどり着けません。すでに5年ですからね。実験にもお金がかかり、自分自身の寿命も、もうすぐ尽きます。だから読者の人は、カタルの考えをステップにして下さいね。肥やしにすれば、いいのです。バカな事をしていると…。客観評価し、自分なりの方策を模索して下さい。そうすれば、カタルの30年の知識が、2年か3年で理解できます。飛躍できますね。勉強とは、そういう事ですね。先人の失敗を学ぶことです。

今週はマネタリーベースから、マネーストックの話を繰り返しています。昨日は貨幣乗数効果(信用乗数)の話しでしたね。本来、リスクが減り金融が緩んでいれば、確実に乗数効果は、10倍程度に拡大して行きます。清貧思想が強く根付いているから、なかなかデフレから脱却できないのです。将来の不安ですね。しかしファナックのように…もう準備金は、充分に、日本企業は積んでいます。だからROE経営なのですね。カタルが打診買いした日阪製作は1700円もの純資産があります。買収して資産を効率的に運用すればいいのですね。それこそ村上ファンドの対象銘柄になります。三菱UFJだってそうなのです。

更に自己資本比率を、あげさせようとするのは、おかしい話です。株式持ち合いなど、早くやめればいいのです。非常にゆっくりとしたペースで、持ち合い構造を解消してきましたが、一気に、早めるべきですね。これがスチュワードシップコードです。日本株高の構造は変わりませんよ。中国の影響を一番受けることは事実ですが…、成長力が落ちたといっても、まだ7%近くの数字があるのです。悪戯に不安心理を煽るメディアは、太平洋戦争を先導した朝日新聞のようなものです。メディアは悪いですね。本当に、日経もそうですが…報道が、一方的すぎます。

だから自分で考えなさいと…カタルは前から述べています。カタルの意見など、ほんの市場に存在する一つの見方に過ぎません。自分が最後は決めるのですね。だいたい株価が半分程度になることを前提に。行動するのが市場経済では、当然の下準備です。カタル銘柄はハイリスクだと…何度も述べています。前からですね。

同時に、同じデフレ脱却でも、ケネディクスだけでなく三菱UFJも掲げています。同じ理屈です。あとは読者の選択次第なのです。自分の心に勝てるかどうか…。これが難しいから、多くの人が株で儲けることが出来ません。でも絶対に儲かる方法があります。それはドル平均法で、買い続けることです。倒産しない限り、必ず儲かります。長く証券マンをやっていると分かりますが、儲けている人は、信念を持って株を買い続けますね。金持ちは、株が下がれば喜びます。株が下がり嘆くのは、カタルのような貧乏人だけです。コンチクショウ!

シルバーウィーク明けでも充分ですが、年末年始は株が高いですね。まだ日経には報じられていませんが、法人減税は前倒しで実施でしょう。今日も大阪チタンは高いですね。候補の銘柄には違いありませんが…仕掛け人次第ですね。企業業績は増額方向です。ケネディクスもそうですね。今回のリートの公募で、また受け皿が増えていますね。基本はAUMの残高なのです。その内、賃貸料を含め、地価も急上昇します。その時に、株価は大きく飛びますね。今度は理想買いの金融相場と違い、業績相場ですね。一株利益が大きく増えますからね。でも相場的には、面白くありませんが…。日銀の量的緩和が続いていますから、間違いなく4桁は確定し、2000円程度の実力だろうと推察しています。今回は長いデフレからの脱却になるので、壮大な相場が演出されますね。非常に息の長い相場なのです。

こんな事は誰でも、わかる理屈です。財政ファイナンスの意味を理解すれば…長谷工だって良い会社になりますね。しかしこれは、既に10年以上かかっていますね。昔の読者は知っていますね。長谷工にカタルも馬鹿になった時代がありました。金持ちって…こんな時間感覚なのですね。バフェットを見れば、分かりますね。コカコーラは、一体、何年持っているの? 最近、買ったウェル・ファーゴだって、既に10年近くになりますね。リーマンショックの後からですね。今日は、事前予定数量、最後の買いをケネディクスに入れました。370円買いを、寄り前から入れていましたが…入るかどうか。同時にクラウドワークスも下値に買いを入れました。605円と585円だったかな? 何度も言いますが、カタルが正しい訳ではなく、実験は続きます。GPIFは三菱UFJを買えば良いのです。おそらく750円割れが…暫くの買スタンスでしょう。

下値は確定していると思いますが、まだ株価は揺れます。でも三菱UFJの動向だけを見ていれば、相場の強さが分かると思っています。他は…「ふろく」です。先の事を考えても仕方ないのです。あとは度胸次第です。人生お金が無くなっても、何とかなるものです。事実カタル君は大変な失敗をしています。恥ずかしくて…他人に話せませんね。落ちぶれたものです。まぁ、でもカタルは楽観派で…何とか、なるさぁ~。の口です。それでは、また明日。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2016.06.03

    6/3
  2. 2016.10.11

    10/11
  3. 2017.08.09

    8/9
  4. 2015.02.18

    02/18
  5. 2017.05.18

    5/18
  6. 2015.12.16

    12/16
2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
株式投資関連の本