7/21

昨日、小山田さんに対し、過去の行為をネタに辞退されたことに対するカタル個人の意見を述べました。しかし「小山田問題は過去ではないですよ。なんせ彼は刑法で罰せられたわけでもなく親の七光りで今まで人生をなめて生きてきたのですから。そんな上級国民を擁護するとは….」とのメールを頂きました。

そうしたら…昨日は、今度「東京五輪・パラリンピック組織委員会が主催する文化プログラムの一つとして開催されるイベントに出演予定だった絵本作家、のぶみさんが出演を辞退したことが20日分かった。過去に教員へのいじめ行為と疑われる行動をしたことを明らかにしており、インターネット上で批判が上がっていた。」も同様の理由で事件があった模様です。

カタルは、この日本社会の風潮が嫌いなのです。

なんでも…ネガティブ面だけを取り上げて批判するのは、前向きな社会構成ではなく後ろ向きの行動です。トヨタオリンピックのCMを止めると言う行動も…先日の都議選もネガティブな主張をする「都民ファーストの会」が、頑張りました。小池百合子はコロナへの対応で厳しい見方を繰り返しています。

そもそも…このコロナ論争を観ると、日本の感染者数や死者数などが、欧米と比較しても、かなり「好成績」なのです。それなのに…「医療の逼迫」を訴えたりして村社会論理が横行します。この村社会論理は、自分達だけの立場を守ろうとする利益団体、今回は日本医師会ですが…この人たちの主張です。経団連会長である住友化学出身の十倉さんもオリンピックへの参加を辞退するそうです。

このような現象、全てが…「ネガティブ思考の日本人」の実態を物語っています。この風潮を嘆いている訳で…別に、小山田さんへの擁護とは、カタルの主張は意味が違います。どの程度…読者が理解されるか分かりませんが…このような社会現象が、株価になって現れる訳で…この社会現象と株価は密接な繋がりがあります。「市場の整合性」の理解を深める題材に使っています。

実は昨日、ロコンドを寄り値で8000株を投げましたが、その後、やはり捨てきれず、また逆に9000株を買いました。幸い、ファストリは僅かな利益で売って…再びロコンドに戻したのです。まぁ、時間が掛かると思っています。野村証券と共に…ですが。

それでもカタルの分析では、既にヒカル君たちの効果は完全に帳消しにして昔のロコンド評価の株価です。しかし実態は、あれから売り上げも利益も伸びています。でも株価はネガティブ評価のままです。

この理由は先週も目先狙いの「信用の買い」が増えていました。カタルは単なる需給バランスの株価だろうと思っています。

イナゴ族の性格からいって、彼らは株価次第でコメントがコロコロ変わります。そんな人間の言動に惑わされない「賢い投資家」を目指したいと思っています。しかしヒカル効果の剥落が確認されるのは、昨年業績が良かった…2Q、3Qの実績が明らかにならないと駄目なのでしょう。

故に、目先は本格的な相場はなく…「買いが入る所まで」下げるしかありません。「新たな買い手」を待つわけです。新規の買い手が登場するのは、数字が明らかになった後なのでしょう。ここでは打診買い程度なら買い物が入るでしょうが…本格的な株価上昇は、我々…引っ掛かった連中が、株を売れる2500円以上の株価になります。3000円台になると相当の売り物がまだあるのでしょう。それからでしょう。

カタルは継続して…売り買いを続けます。ケネディクスのような時間推移も、最初から既に覚悟しています。あとは田中君の頑張り次第です。

野村証券は、中間配当の実績を観てみたいと思っています。10円が一般的な評価ですが、これを15円にするかどうか…。そうして自社株買いの話です。今の日本の経営者は、日立のような感覚に変化しています。新時代に向けて…舵を切ったところです。だから内部留保の金額が「設備投資」に動きます。

今までは空洞化が促進され、日本の雇用は失われてきました。しかし中国問題が存在し…「中国の斜陽化」が懸念されています。昨日、掲げた「中国恒大集団」問題は非常に重要なのです。

中国のGDPの伸び率が低下し…高い成長を前提に投資をして来たグループが、成長率の低下で、返済を求められるわけです。成長が期待されないと投資活動が鈍ります。基本的に借入金利より高い成長なら、お金を借りて投資をすれば利益が上がります。だから固定資本投資が膨らみました。しかし…この「のりしろ」がドンドン減っています。ここに…日本以上に社会保障費の増大が加速します。

数年後、中国は急速に「色あせ」ます。ここに豊富な内部留保を持った日本がDX投資を加速させて「効率化の道」を歩むと…アジアの商業圏の成長と合わせて日本株が10万円に旅立てるシナリオが復活します。

今は序盤です。江戸城を明け渡すかどうか…明治政府を設立する過程のようなものです。コロナ論争を観ても、ネガティブな社会現象を観ても、「流動性の罠」を抜け出したとは言え…脆弱なのです。その試金石の一つが「エーザイ」の相場でした。

皆さんには、同じ現象に感じられないかもしれません。

都民ファーストの会が、一定の支持率を確保し…自公民が過半数を得られなかった現象は、今の株価位置と同じことなのです。我々、日本国民が、「自ら」が変わらないとなりません。ネガティブキャンペーンを無視して、前向きな行動を支持する行動です。そうすれば…トヨタのオリンピックCM停止もないし…経団連の十倉さんもオリンピックに出席をしたはずです。株価と社会現象が同じなのですよ。

ロコンドは株価8000円から1万円の可能性があります。テスラ評価では数万円です。

この違いはどこから来るか? 黄昏の中国市場では、株価は大きく動いていませんが、毎日上海と深圳の売買高は15兆円前後でしょう。しかし日本はどうでしょう。2兆円台です。GDP比較をすれば…5兆円を常に超えるのが当たり前なのです。

政策の失敗が、日本人の心を蝕み…劣化させました。カタルは色んな経験で、その実態を観ています。皆さんも社会に出れば分かります。50歳程度かな? この50‐80問題が生まれた背景は、失われた時代を選択したために、非正規社員が生まれ、どんどん若者を追い込みました。それでも…未だに村社会論理が根強く、われわれ日本人の精神には、未だに…幻想の「安全、安心」だと…言います。NHKは洪水が起こるたびに「命の危険」があります…と、「大げさな表現」をして、非難を促します。

リスクを悪戯に恐れている日本国民は、どんどん劣化していきます。この社会環境を破ったのが安倍政権の誕生です。カタルは常に実績しか見ません。白鵬の評価も相撲協会とは違います。清貧思想ではないのです。曲がりなりにも…安倍さんは、株価をここまで引き上げた「功労者」です。毎年、賃金を上げて来たのです。些細な事には目をつぶり…寛容な社会の形成を望んでいる訳です。

昔のカタルのレポートを読んだ人なら分かります。ずっと社会批判ばかりです。政策批判ばかりが並んでいました。しかし今は逆ですね。

世間は菅総理を批判しますが、カタルは彼の実績は素晴らしいと思っています。今回のコロナ対応でも、批判をする奴はこのワクチンの接種率スピードをどう評価するのでしょう。メディアの馬鹿は、批判ばかりしか報道をしません。未だに日本国民の清貧思想への教育を繰り返しています。もうデフレの関門を抜けて…22750円を完全離脱してデフレの出口の27270円を抜けたのです。この感覚が大切です。

だから昨日一瞬とは言え…カタルは「ファストリ」(9983)を100株だけですが…買ったのです。この行動は…あの時に、村田製作を買ったタイミングです。ソニーが1万円を割れた感覚ですよ。同じことなのです。カタルは自分の行動で…皆さんに相場論を語っています。

もうすぐ…常勝将軍ですよ。

カタルレポートの真意は、一貫しています。日本を名目成長時代に向けることです。

その為に毎日、毎日株式レポートを書いています。いつも事前に述べて行動をしています。このレポートをどう利用しようが…勝手なのです。カタルと違う意見の人も居るでしょう。だって選挙結果を観ても、実際の株価もまだ名目成長時代入りしたとは…言えないような疑わしい現象が溢れています。馬鹿は自分が経験してないから、この変化が分かりません。

数年後、振り返るとオリンピックが始まる…この時期の論争が、記憶に生々しく刻まれていることでしょう。

常に実践をして40億円を飛ばしたから、今の自分が居ます。カタルは自分の感覚が正しいと思って、本日もロコンドを1470円で、今のところは1500株買いました。どうなりますか…。昨日は8000株を売ったけれど…1500円で4000株、そうして1480円の水準からもう5000株を買いました。本格反騰するとは言っていません。

ロコンドの日足と200日線乖離の推移

直ぐに株価が2500円から3000円に行けるとは思っていません。ここでの注目点は、新たな支持者が現れるかどうか…なのです。それで…200日線との乖離チャートを付けたのです。今の株価水準はマイナス30%水準だという事です。さらに過去の高値の水準さえも下回ります。

S君は、連日の全体の下げ相場でも、売り物を消化しています。カタルは昨日、5000株と2000株だから合わせて7000株も売りました。それでも強いから700円割れはないかもしれません。

このような感覚が「次のステップ」に株価を運びます。本当に…在庫が切れて来たのです。だってロコンドはどんどん下がるから…利食いして信用の枠を空けないと対処できません。今度ロコンドのリバウンドが始まったら、同時進行で…S君の上値を、カタルが買ってみます。

カタルは事前に、皆さんに株価が1000円になっても、買い続けると公言をしています。

どうせ…大きな相場は期待できない全体相場ですから、相場を離れてオリンピックを互いに楽しみましょう。その内、社会も相場も自然に時間の経過で…場の雰囲気が変わるでしょう。既に2回のワクチン接種を受けた老人組は、「無敵消費の行動」に移行します。

何しろ…80歳以上の老人のコロナの致死率が30%を超えると…散々、脅かされていました。今度は、この数字は劇的に下がります。そもそも重症化率は1%程度かもしれません。それなら恐くないですからね。

悪戯に…怯えて行動する理由がありません。イギリス版ですよ。社会の雰囲気もどんどん変わっていくはずです。株価は、その動きを先取りします。まもなく3万円台に入るでしょう。だからユニクロ投資を、実際にやって利食いをしました。あの時の村田製作もユニクロ同様に、1万円程度の利益で利食いをした後に株価は本格的に上昇しています。今でも村田は1000円ほど上値です。ソニーもそうです。

ネガティブキャンペーンは、そろそろ終了でしょう。それでは…また明日。楽しみですね。オリンピックが…しばらく、こちらに目を向けましょう。悪戯に怯えなくて良いのです。27280円のデフレの出口を既に抜けたのです。時代の逆回転なんか…あり得ません。30年間も苦しんで、もがいて来ました。ようやく新しい時代が産まれます。オギャー!



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2018.10.18

    10/18
  2. 2016.12.01

    12/1
  3. 2021.04.14

    4/14
  4. 2015.06.25

    06/25
  5. 2015.05.07

    05/07
  6. 2019.01.04

    1/4
2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
株式投資関連の本