7/20

この所、原稿を書く材料に…全く困りません。横綱審議員会は、白鵬に「厳重注意」とか…。これは日本では有罪の実刑判決にはならないが…執行猶予判決のような響きを持っています。

それなら過去に白鵬は、何度も…注意を受けているから、横綱を首にするか…。ルールを、「髷を掴んだら負け」と言うものがあるのですから…「張り手」、「かちあげ」、「ガッツポーズ」をしたら負けと、改定すれば良いように思います。ルールを明確化すべきでしょう。悪戯に「成田闘争」をすべきではありません。

朝乃山のキャバクラ通いに、「嘘を言った」という罰則が付いて…6場所もの出場停止の厳格な処分といい…相撲界を観ても「実質成長時代」の「名残り」が、色濃く…社会に残っている印象です。だから他人批判がメディアで渦巻き…菅政権の支持率も上がりません。しかも小山田問題も起こるのでしょう。

この問題は小学生から高校生時代、(一貫教育らしい…)「虐めをしていた」と過去を公開して…告白したのだそうです。此方です。それも1994年の過去の記事が、今になって問題になったと言います。

つまり30年近い「過去の間違い」も、日本人は認めない「寛容な心」が消えた現象にカタルには、思えます。

確かに…自分は付き合いたくもないし…彼が悪い人間かもしれませんが…。なかなか…過去は風化しないのですね。でも、それなら刑務所に服役して…過去を償った犯罪者は、どうなのでしょう。社会復帰が出来ないのが、一般常識なのでしょうか?

失政が長く続くと…国民の心も疲弊して、他人を虐めて、己のみじめさを慰めます。

あいつより…自分は、まだマシだと言う具合です。低い所に視線をあてて…目標を下げます。「寝そべり族」の精神です。寛容な社会=名目成長時代で、この時代は前向きなチャレンジをする時代です。清貧思想=実質成長時代で、他人を貶める…足を引っ張る後ろ向きの時代です。

この論争が、今、起きている東芝問題であり、50-80問題も、振り込め詐欺も同じ「市場の見えない糸」で繋がっています。ここに来ての株価の低迷も…基本構造は、みんな同じ背景ですよ。

カタルは、もともと…前向きなチャレンジを心掛ける人間で、「清貧思想」は大嫌いです。だから基本の考え方に「空売り」の文字はありません。そうして…自らが「己の美学」である相撲の世界の「横綱の品格」を尊ぶ、「村社会人間」を実践して…上京以来、30年以上、生きてきました。 

でもブツブツは、年収2000万円を…どんなに悪い相場の時でも、下回る事はありませんでした。彼は「空売り」をしていたのです。でも…カタルは「空売り」をしないために、年収は120万円から1億円越えと…激動の人生を歩んでいます。

ある意味で、相撲界の横綱審議委員が主張する日本文化を、自らが実践をして…、「武士は喰わねど、高楊枝」との生活をして、「サラ金」通いして、カタルは生きてきました。

サラ金など…可愛いものです。余程…犯罪に手を染めるべきかどうか…悩みました。しかしヤクザ絡みの金融屋からの「甘い誘い」を、断って清貧思想を貫いたのです。これは手数料を金融屋に、歩合給からバックすることで…注文を回してくれます。はっきり言って手数料のダンピングです。そういう勧誘が沢山あったのです。

本物を目指して…挫折をした実体験がこのレポートです。

自分自身は「村社会人間」なのに…その村社会を、自らが批判する。「歪な精神」構造です。

実は昨日と言うか…今朝の午前1時30分ごろ、カタルは初めて「110番通報」をしました。この話は又の機会にします。この社会問題と関係あります。ですが…他にも盛りだくさんで…皆さんが、知らなければならない話題がたくさんあるからです。

だから…後のお楽しみにしていてください。「ハイ、110番です。どうしましたか? 緊急ですか?」…の続報は、何れの機会です。

カタルは本日、ロコンドを8000株、成り行きで…投げました。1520円でした。同時に…S君を5000株売ったにもカタルです。

何しろ…担保が、いつもギリギリです。貧乏人は相場観より、個人の力量問題が優先されます。常に「真坂、魔坂、まさか」の坂道への「警戒感」を怠れません。

逆にロコンドの寄り値の気配値は1480円前後でした。故に1500円から、下は買い下がってみます。入るかどうか…。

理想論から言えば…「エーザイ」(4523)が、今の時期には一番、相応しいと銘柄だ…と、今でも、思っています。もともと…カタルは年初から「難しい相場」と解説をしており、「セル・イン・メイ」の格言を、何度も…皆さんに、繰り返して伝えています。

それでも…自分は自分の考える最善のストリーを試しています。

そうしてエーザイを12650円の高値を500株、そうして12440円を500株、買った口です。やる前から…事前に、皆さんに報告しています。いつもそうです。

会員レポートでは「景気敏感株」まで、取り上げています。本日の日経新聞の市況欄をご覧ください。他にはこちらの記事も同じです。この関連株としてG君の株価は、今は19円安の1579円です。そうしてK君は10円安の1355円です。何れも…良い会社です。2倍程度は狙えます。サンマルクにチヨダ、そうして大型株もANAなども…ペントアップ需要の銘柄です。

昨日のNY市場は、米国金利が一段安しています。ショートカバーでしょう。思惑が外れた投げ相場です。なんと10年物は1.18%です。ですが…ここに来て「デルタ株」(コロナの…)の復活で、景気の回復が遅れるとか…。まだ「スタグフレーション」の話は、あまり出ていませんが…何れ、この話が表舞台に出てくる可能性があります。

非常に難しいのです。ここでの読み筋が…。

NPC(6255)の日足推移

故に個別の「仕手材料株」しかないために…カタルは当初は「NPC」を選択していました。この株価は、高値水準(1080円より)ブツブツ投資を、皆さんに理解してもらうために…実験を開始して、レポートで、何度も披露しています。何も…後講釈ではありません。常に事前に皆さんに伝えています。

みんな事前に述べています。

その成績も赤裸々に述べています。しかしエーザイがFDAから認可になり…FMシアターを聴いたために、カタルはエーザイの「人類の夢」と言う言葉に惹かれて…1984年の「小野薬品」を連想したのです。

そうして「敢え無く」…「討ち死」をしました。面白いドラマでしょう。皆さんから有料にして視聴料を貰えるほど…面白い実験を繰り返しています。 昨年から今年初めはTOBラッシュ、4つもの銘柄を事前に述べていました。こんな人間は他に居ないでしょう。

全て事前に…です。ですが現実はドラマのように…簡単に運びません。

「アルケゴス」でヤラレ…ロコンドの「田中君の性格」を、再認識したわけです。同時に、ここではイナゴ族の心理を学びました。

このイナゴ族の心理は、S君の相場にも生きています。見せかけの板の売り物、買い物の本当の意味を、この実験を通じて、語っています。

ここでは…HFTの動きなども…解説しています。偽物人間は、自分が実践をしたことがないから…頭で理解しているつもりでも本当は違います。実際の世の中は「教科書通り」に動きません。今回の様々な社会現象は、株式市場とも「繋がり」があるのです。

これをカタルは「市場の整合性」と呼んでいます。

相撲界はガチガチの「村社会構造」です。だから「貴乃花」問題が、起こったとも言えます。今は「時代の変革期」で…江戸幕府と明治政府の体制転換、パラダイムショックの最中なので…株価が、こういう風に動きます。

ですが…もう決まっています。三菱UFJでも野村証券でも…心配をせずに買い続ければ良いのです。絶対に株価は上がります。でも…来年でしょう。

各中央銀行の総資産推移

今回の「エーザイ」も出来ないのです。時代の推移を観ると…その芽はあるが、なかなか移行できない現実もあります。ここでの株価のもたつきは、武者さんの作った中央銀行の総資産残高を観ると分かります。

日本人は、所詮は「日和見」主義です。

オリンピックの武藤さんは、昔、日銀総裁候補だったのです。しかしゴタゴタがあり路線に乗れませんでした。今回の小山田問題も難しい判断ですが…批判を浴びたから彼を外したのでしょう。

カタルが武藤さんの立場なら、オリンピック開催の話と同じで…きっぱりと批判する人に対して、30年以上前のガキの時代の「悪さ」を題材にしたら、日本人の多くは、皆…現在の今の役職を辞めなければならない、何故、「時効」と言う制度が存在するのか?…と逆に、世間の風潮を批判して…自分の決断を貫きます。

今回のエーザイ、ロコンド、野村証券のように…自らの主張を述べて、その失敗の責任を取ります。まぁ、あまり詳しくないのです。この小山田問題も、最初、かみさんから聞いたときに…知りませんでした。本日、紹介した記事を読んだ程度ですから、この考え方は変わるかもしれませんが…現時点では、カタルは問題なしの立場です。日本人らしく…この話では、「逃げの布石」を打ちました。

「寛容な世の中」を…求めるカタルなのです。

失敗も許すし…失敗を畏れて行動をしない方が…もっとも悪と言うか…間違った選択です。カタルは失敗をしても良いから…果敢に挑戦をする立場で、日々…行動をして生きています。この基本理念が、相場観に反映されています。

だから皆さんには、事前に…「ご注意」を申し上げて、様々な意見を紹介しています。

エーザイはやる前から…はっきり言って「博打」だと述べています。

そうして8000円も「あり得る」と述べています。しかし相場展開から言って、この選択が今でも…正しいと思って、虎視眈々と8680円の…「夢でみた安値」を狙っています。その為に本日は、ロコンドの8000株を投げたのかもしれません。

しかしS君の5000株を、実際に売ってみて…711円で「売れる現実」を観ると…この株は、やはりそろそろ…次のステージに旅立つかもしれません。先日の1000円安は649円でしたかね。しかしロコンドは、その1555円じゃないな…21日の安値は1707円も、守れていません。この現実は「イナゴ族の資質」を語っています。

ここで…今から宣言をします。「新電元」(6844)は、まだ駄目ですが…必ず復活をします。この違いが「イナゴ族」と「海外ファンド」の違いです。

やる種族の性格も…未来の相場に影響をします。もう…みんな先行きは事前に決まっています。あとは…お金があれば、自分で…その時間を測れます。つまり…演出が出来ます。

S君は、1000円になっても、カタルは買うと公言しています。今は713円の13円安です。なかなか下値は買えなくなってきました。もっと全体株が下がると良いですね。

ファストリ(9983)の日足推移

ですが…下がるかな? 本当は…ここでは「ファストリ」(9983)を買ってみたいのですが…今なら買えます。ですが…貧乏人のカタルは、やはり「率先隊長」のカタルは100株だけ無理をして買ってみます。ハイ、今75750円で100株だけ買ってみました。

エーザイの方が面白いようにも思いますが…この株が上がらないと日経平均株価の復活はあり得ません。決算を出して「悪抜け」をしているかどうか…まだ分かりません。ですが…日経平均株価が27000円を、割れるようにも見えません。買った途端に先物から叩かれ…今は75600円ですね。トホホ…。最悪の場合は、9月の高値(67400円)でしょう。

カタルらしい…実験です。アレレ…今度は1500円のロコンドも買えそうです。コンチクショウ…白鵬が叩かれるわけです。いつまで続く…清貧思想かな?

ハイ、1500円が1000株買えました。本日も100万以上の損金を上乗せしました。カタルは難しい相場だから、皆さんには「無理をするな」…と述べており、今は「損をしなければ上出来だ」と述べています。

ですが…初めて「ファストリ」を買いました。やはり…馬鹿野郎は死ぬまで治りません。トホホ…ケセラセラの人生を楽しみましょう。

そうだ…様々な意見がありますが、異常な持ち高に膨らんだ債券のショートカバーが続いています。ブラックロックなどの意見です。本物相場は、先ずは米国金利が上がり、米国株も上がるパターンです。ですが…カタルが会員レポートで述べた、この話( 中国恒大集団 )は重要です。もう一つはテスラの株価に注目する話の二つ紹介しておきます。

先ずは中国の話題です。

「中国の不動産開発大手、中国恒大集団(チャイナ・エバーグランデ・グループ)は19日、一部資産が凍結されたことを巡り、同国の広発銀行による法手続きの「乱用」があったとして同行を提訴すると発表した。  江蘇省は広発銀行の要請を受け、中国恒大集団の複数子会社が保有する資産1億3200万元(約22億円)の凍結を命じた。  中国恒大集団によると、江蘇省内にある同社の複数子会社が広発銀行から返済期限が2022年3月27日の融資1億3200元を受けている。」

この話は解説が必要で、日経新聞にも掲載されていました。今は専門家の「隠れた焦点」になっています。故に、この背景を理解することは、非常に重要なのです。未来の相場に影響を与えます。

そうしてトヨタがオリンピックのCMを止めたと言います。やはり…彼をカタルは好きでしたが…トヨタ社長は、村社会論の人です。テスラが時価総額で抜くのでしょう。その背景が此方です。米国の株式市場はこういう形で、世界の覇権を握るのです。眉唾の技術をお金で支援をします。コロナワクチンの開発で、モデルナが、世界の覇権を握るかもしれません。この名目時代の強さがあるから…米国は素晴らしい。その記事が此方です。

「米電気自動車(EV)大手テスラは完全自動運転機能「フルセルフドライビング(FSD)」について、現在は1万ドル(約110万円)で販売しているが、今後月額199ドル(約2万2000円)のサブスクリプション(定額課金)サービスを提供すると明らかにした。だが、一部のドライバーは追加費用が発生する可能性がある。  このサブスクサービスについては、自動車情報サイトのエレクトレックが16日に最初に報じた。テスラのサポートページによると、現在のオートパイロット機能に応じて2つのオプションがあり、ベーシックオートパイロットの場合は月額199ドル、エンハンスト(機能強化)オートパイロットの場合は同99ドル。サブスクはいつても解約できる。  

テスラは、FSDは完全な無人運転技術とは異なり、「現在有効な機能は、常時ドライバーの監視が必要で車両を自律的にするものではない」と指摘している。  しかし、サブスクサービスの利用にはFSDハードウエアのバージョン3.0が必要で、アップグレードには1500ドルかかる。このハードウエアは2019年半ばからテスラ車に標準搭載されている。  だがエレクトレックは17日、16年後半から19年半ばまでにテスラ車を購入した人は当時、FSDハードウエアが搭載されており、追加のハードウエアのアップデートは不要と言われた、と報じた。  

多数のテスラ車のオーナーがツイッターやレディットでいら立ちや怒りの声を上げ、テスラがアップグレード費用を負担すべきという人や、集団訴訟を起こすべきという人もいた。  テスラは、アップグレード費用の詳細についての問い合わせに回答していない。 (マーケットウォッチ)」

長くなりました、ゴメンね。これでも…相場を解説するのは不十分です。自分で確かめるのです。本物を目指す奴は、常に失敗を畏れず…果敢にチャレンジを続けます。自分の頭で考えましょう。そうして自分で決断をして行動をします。これで本日は、お終いです。また…明日。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2018.03.16

    3/16
  2. 2017.01.23

    1/23
  3. 2017.05.30

    5/30
  4. 2020.03.04

    3/4
  5. 2019.06.07

    6/7
  6. 2015.12.03

    12/03
2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
株式投資関連の本