4/20

かたる:本当に…いつまでもグダグダとくだらない時間を費やし、日本人と言う種族は、一体、どうなっているのでしょう。昨日は「山田風太郎」をやっていました。このBSの夜中の番組はアーカイブではなく「プレミアムカフェ」だそうです。昨日は間違っていました。訂正します。司馬遼太郎以外にも…価値観が大きく変わった戦争体験は、多くの人が、同じことを考えていたようですね。この世代は、既に日本には、ほとんど残っていませんが…時代を真剣に考える世代が居たので、どうにか日本は奇跡の復興と言われる発展を遂げたのでしょう。

しかし…この「失われた時代」は、いったい、何なんでしょうね。バブル頭のカタルにはサッパリ理解できません。山田風太郎は「日本人は軽薄だ」と言ったそうですが…、相場を見ると分かります。誰も先行きを考えてない相場と言うイメージです。昨日、ある資料を読んでいたら…こんなくだりがありました。

「ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)のデータによると、非公開企業152社は価値が10億ドル(約1090億円)以上と評価され、「ユニコーン」と呼ばれている。こうした企業は2年前に比べ約60%増えている。ユニコーンによる今年のIPOはクラウデラで4件目になる見通しだ。今年これまでにはオクタ、ミュールソフト、「スナップチャット」を運営するスナップが上場した。

これら4社はいずれも利益を上げていない上、営業キャッシュフローも黒字化していない。投資家は昨年、安全な投資先を求めていたが、今年は昨年に比べリスクの高い投資も受け入れている。昨年末に比べ、ナスダック・インターネット指数は14%、BVPクラウド指数は10%超、それぞれ上昇している。これまでのところハイテク関連の大型株で最も上昇しているのは、リスクのない銘柄とはとても言えないテスラだ」と言う文章ですね。

今は、ときめくアマゾンは、長く赤字を計上し続け…それでも市場は、暖かく成長を見守りました。でも日本人は…駄目ですね。このレポートは赤字でも、米国では高評価されている事が書かれています。しかも…10億ドル以上の予備軍が多く育っているのです。資金を、如何に回すか…此処に行き着きます。そうです。「クラウドワークス」の事を嘆いているのです。

昨晩のWBSでは、中国のモーターショウの事に触れており、日本勢はEV車競争で、完全な負け組だと言います。中国は世界一の市場なのです。そこで劣勢に立たされている日本人は、中国を馬鹿にしているのでしょう。だから、なかなか巨大な市場なのに…成功者が居ないのでしょう。少なくとも…株式市場では中国関連で大相場を見た記憶がありません。

日本人に開拓心と言うのは、なくなったのでしょうか? 皆、安心、安全と言う架空の幻想を抱き…清貧思想に染まり切ったように感じています。トホホ…面白くないですね。

「眠れる獅子」(日銀の当座預金残と企業の現預金558兆円)が、何故、生まれたのか…? 馬鹿らしい、現実の背景を…真剣に反省しなくてはなりません。メディアは、何故、この「流動性の罠」に、スポットを当てないのでしょう。政治家なんか馬鹿だから、安倍政権の弱点を突く事なんかできませんね。メディアが、この馬鹿らしい現実を批判すべきでしょう。

だって…今でも多くの日本人は1%にも満たない定期預金を大量のしている訳です。個人の現預金は900兆円を超えています。何故、利回り採算に合う邦銀株が、安値で放置されているのでしょう。カタルには、サッパリポンの現実なのです。日本で最大の金持ちの日銀がリートを買っているのに…ケネディクスの株価は、長く横ばいのままですからね。

兎に角、日本人は、やれ地政学的リスクだの…フランスの選挙だの…気にし過ぎで、自分が何をやりたいのか…信念がないと言うか、本当に流されやすい国民ですね。山田風太郎が言うように、軽薄な国民です。ネットの掲示板を見ると良く分かりますね。噂話など…くだらない話題が好きです。テレビも芸能人のスキャンダルなどを話題にします。全くカタルには理解できません。

本日の金融株は、リバウンドしていますね。まぁ、直ぐに高値を取るとは…思えませんが、底打ちはしたように感じています。昨日、掲げたユークスも、そう思っています。カタルは有言実行ですから、後場寄りの684円だったかな? そうして…引け値の706円も、僅かですが買いました。しかしゲーム関連と言うのは、市場での人気が高いですね。グリーに続き、この所…enish(3667)と言う株が人気になっています。高値は買うのに…安くなると買わないのです。実に、面白い現象です。

株と言うのは…時間軸が、非常に大切だと思っています。カタルは長く小野薬品を見ていますが…ようやく人々は、諦めかけたように思っています。ケネディクスもそうですね。何しろ、ピーク時の信用買い残が6300万ですからね。それが5000万株も減る訳です。金持ちの多くは我慢をしますね。実に忍耐強いのです。証券マンの人なら分かるでしょう。本当の金持ちは…信用取引で引っ掛かっても、みんな現引きしますね。

隣の浜ちゃんのお客さん、出るわ、出るわ…お金が湧き出てくると驚いていました。通常、億単位になると、いい加減にお金が止まるものですが…世の中、金持ちはいるものですね。どうやって資金をつくるのか知りませんが…。浜ちゃんは、良く…追証になってからが、勝負だ…と言っていました。お客さんの度量が、分かります。その時の対応で証券マンは相手を判断するわけですね。これ以上、無理はさせられない…と、思う訳です。

さて今日は…こんな所かな? あまり話題にしたい材料もなく…あらら、先ほど書いたenishがストップ高を付けましたね。みんな、本当に博打が好きですね。一体、誰が…高値の株を買うのでしょう。少し前に3日間連続で、ストップ高したユークスみたいですね。みんなゲームを楽しんでいるのでしょう。多額の代償を払わねばいいのですが…。どうせやるなら、可能性のある株を、やれば良いと思います。

今日は買わずに…明日にしようかな? フランス選挙があるから…下値を売る奴が居るかもしれません。今日は、少し短いですが…、この辺で…バイバイ。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2016.01.29

    1/29
  2. 2015.05.07

    05/07
  3. 2017.05.12

    5/12
  4. 2015.02.25

    02/25
  5. 2015.10.05

    10/05
  6. 2015.06.01

    06/01
2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
株式投資関連の本