11/8

かたる:おめでとうございます。祝!22750円の奪回です。これで予てより主張している「流動性の罠」を、ようやく抜け「名目時代」に突入する事になります。実態経済の変化は、6か月後ぐらい…来夏のボーナスには反映されます。

しかし日経新聞は、またしてもカタルとは視点が違います。「日経平均、周回遅れの高値」との見出しですが…38915円を抜いて、初めて「周回遅れの高値」と言う表現が、正しいのだろうと思っています。

カタルが記者なら「38915円奪回、世界標準への道、名目時代の一里塚」との…見出しかな? 世界は、遙か…先を進んでいます。日本だけが周回遅れではなく、2週も、3週も遅れていました。「失われた時代」は30年ですよ。

森友、加計問題は、村論理派閥(官僚グループを中心とする勢力)の逆襲との見方です。このチャンスを逃すと…名目時代が確立され、彼らにとって住みにくくなるために、最後の力を絞って、転換を図ったのだと理解しています。

しかし安倍さんは、総選挙を実施、「名目時代への転換」を、世界に宣言しました。だから海外投資家が、「眠れる獅子」は、ようやく目覚めた…との評価なのでしょう。故に、歴史的な「16連騰」を達成して、22750円の壁を一直線にクリアしました。

これが、現在のカタルの相場観です。しかしカタルは、またしても…読み間違っていました。指数を中心に日銀のETF効果が援護し、一気にデフレの関門である高値を抜けるとは思っていませんでした。何れ…抜けるとは考えていましたが、来春かな? …と暢気に構えていたのです。故に戦略を間違ったのです。半導体に集中投資でも良かったし…指数銘柄を攻めても良かったのです。この辺は、「希望の党」の内部留保課税へのスポットで、一気に…を、読むべきでした。

ただ分からないのは…金融株の動きが、依然、鈍い事です。米国でも同じです。金利の上昇は鈍く、フラット化しています。ECB内部は割れており、物価目標に拘らず、テーパリングを急ぐべき…との意見もありますが、なかなか資源価格は上昇しませんでした。

しかし、サウジの体制転換も在り、WTI原油価格は57ドル台に入っています。でも米国の国債金利は2.31%で…なかなか上昇しません。GMは過去最大の販売奨励金でSUVを売るとの事です。だから消費は…そんなに強くないのでしょう。しかし…株と不動産価格は上昇を続けています。此処で参考になるサイトが此方です。2020年との見方ですね。このような知識の下準備が、「未来の相場観」の形成に影響を与えます。

今、珍しく、神主さんから電話が、場中にあり「夢テク」の下げの原因を聞かれました。決算発表の数字が悪かったので、下げたのでしょう。…と述べ、カタルは昨日、795円から1000株ずつ、下値に買い指値を入れたが…795円は買えましたが、他は上手く買えず、昨日は805円1000株、807円の大引けでも1000株を買ったと述べました。そうして…本日も1000株買ったと述べたから、「じゃ、俺も1000株、買おう」と電話を慌てて切りました。

四季報では130-8-8-5.3の予想でしたが、今回の会社発表では100-6.5-6.3-4.1との読みで41円から31円に10円の減額です。しかし…このマジックは、おかしいですね。2016年の売り上げ規模は58億円で4.3-4.6-4.0なのですね。来年2018年は100億円に、2016年の約2倍増と膨らむのに、6.5-6.3-4.1は、如何にも過小評価に見えます。

逆に親会社の夢真HDは、子会社の数字が反映されるはずなのに…四季報予想の400-40-40-25から390-45-45-29なんて…、あり得ません。夢真は建設中心、粗利は建設より夢テクの方が高い筈です。しかし130~100に減額になったのは、納得です。そんなに簡単に…人が集まらないのでしょう。だから夢テクは、台湾企業を買収し、そこを拠点に中国人材を活用するのかも知れません。

仮に夢真の数字が、本当なら…株価は、早晩4ケタに入ります。夢テクも売り上げ73億円が100億ですから、「35%」もの…売り上げアップなのです。この数字なら、通常、最低PER評価は30倍~50倍でしょう。つまり31円予想ですから、株価は930円~1530円の読みです。売り上げが35%もアップしているのに…2016年と比較で考えると、10%程度は抜ける筈です。それなのに…6億5千万ですからね。やはり数字の読みはおかしい。

故に、カタルは作為的な…予想数字の「作成」との読みです。株価が、この程度なら、以前の持ち株に戻す事にしました。昨日は寄り値で5000株、850円の高値の指値も1000株売れたので、合計で6000株売りましたから、昨日は3000株買って、本日は1000株を…今のところは買った次第です。

誰かが、株を買うために、わざと…「堅め」の数字予想に創作した可能性があります。この推測が正しければ…株価は下がらずに、この下げが買い場になります。でも、こんな読みが当たるかどうか…。

でも面白いね。あの会社側の株式保有の大量報告は、以前、1000円台で、会社側が買ったものを、今頃…公に出したのです。つまり…みんな仕組まれた演出との…読み筋が、当たるかどうか。

この銘柄は、一般読者向けに公開しているから、本当は…会員向けレポートで、カタルの読み筋を書いてから…とも思いましたが、一緒に公開です。カタルの読みの方が、市場展開より…優れていると思っています。もともと人材派遣は売上が勝負です。売り上げが伸びれば…利益はドンドン上がります。人間のスキルは蓄積するのです。

通常、小さな会社の方が変化率は高い筈です。故にアウトソーシングより、夢テクを選択したのですが、でも実際は、アウトソーシングの株価は2倍近くになりますが、夢テクはここで株価が下がり100円高に過ぎません。なかなか…思い通りに、進まない現実です。このような作為的な見方があり、「佐藤マジック」と昨日は、呼んだのです。佐藤さんは戦略家ですね。

企業には、それぞれ、様々なカラーがあります。ケネディクスの宮島さんは、リーマンショックを経て慎重になっていますが…本来は、積極派の人間でしょう。故にダヴィンチと同じような数字の推移になりました。ダヴィンチはやり過ぎた為、金融庁からターゲットに選定されましたが、本来、金子さんのような積極的な経営者を、市場は応援するものです。佐藤さんも、野心家のようです。

このような観察は、どの銘柄にも…共通しています。会社には、それぞれ独自の特色があります。これを会得するためには、景気循環の2回か、3回程度の観察が必要になります。本来、外部環境から見れば…かなり良い数字を出す筈なのに…敢えて隠すとか…。色んな方法があるのです。先ほどの夢テクの読み筋が正しければ…早晩、株価は、直ぐに回復するでしょう。

相場観と言うのは、株価の動きをみながら…潜在的な投資家の心理状態を読むものです。神主さんが、本日、慌てて電話を掛けて来て、「材料は出尽くし…」と述べて、1000株を追加で買うと判断した行動は、流石に、元証券マンです。彼だってソコソコなのですよ。だって数千万円も、稼いでいたのです。まぁ、後は、皆さんの判断です。人材不足は、当面、続きます。

だから名目時代の確立で、PER30倍~50倍の評価でしょう。もし四季報や中期計画通りなら、既に、株価は2000円台です。だって、80円予想が正しいなら…最低で2400円、場合によればアウトソーシングを追う4000円だったのです。

だからカタルは、920円から、何度も買っていたのです。名目時代は、利食いではなく、買い増しだとの有言実行が…今回の損失に、繋がりました。まぁ、この株安を活かし、持ち株を更に増やし…事前観測通りの増額修正路線を歩むなら、「災い転じて福となす」の…諺の通りになります。果たして…未来図は、どんなものでしょう。

みんな、未来は読めません。でも、このような読み筋が…面白いのですね。どっちにしても…22750円を超えて、名目時代の扉は開き、ワハハ…の世界です。

カタルの力量からすれば…数年後は、豊かな未来が待っており、もう直ぐ、このサイトも卒業かな? 所詮…金など、使って、「ナンボ」です。でも、お金は使い切れないものです。だって、いくら良い車を買っても10億円も、しません。一般的な高級車は、数千万止まりです。家だって…10億円止まりでしょう。でも市場の成功者の世界は、数千億円、数兆円の世界です。

果たして…読み通り行くかな? あら…岡三も、今、利食いが効きましたね。僅かですが…、本日の日当です。合同鉄鋼の2170円も売れましたね。また買えば良いし…何度も、利用できそうです。まぁ、目先の僅かな利食いじゃ…一般人は、利用できません。

本日は…特別損失を発表したクラウドワークスも買っています。勿論、ケネディクスも、依然、買い増しを…実行中です。ユビキタスも、更に買い増しをしてみようかな? でも…此処で夢テクが下がったので、少し買い余力が消えました。

トホホ…。やはり、ピッタリと読み切るのは、難しいや…。神様の領域は、なかなか到達は出来ません。久しぶりに…ブツブツも、先ほど電話をくれました。今度の23日に、会う事にしました。また新しい材料を…仕入れてきますね。何しろ、彼は優秀な外務員で…成功者なのです。カタルのような失敗組とは、出来が違います。兎も角…最大の関門をクリアして、良かったですね。いよいよ、始まり…始まりです。心は、ウキウキ気分なのです。ランランラン…。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2015.10.05

    10/05
  2. 2017.03.02

    3/2
  3. 2015.07.16

    07/16
  4. 2016.08.24

    8/24
  5. 2016.12.16

    12/16
  6. 2017.07.18

    7/18
2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
株式投資関連の本