3/16

かたる:この所…昔、取り上げた銘柄を見ると、大きく株価ステージが変わっているケースが多く見られます。昨日もデータを観ていたら、イー・ガーディアン(6050)が登場していたので、株価を観たら…こんなイメージでした。

イ・ガーディアンの週足推移

覚えていますか? この株も一度だけ…売り買いしたような記憶があります。確か、昔、薦めていたリロホールディング(8876=リログループ)を連想したのです。企業の負担を支援するアウトソーシングの流れです。

イー・ガディアンを取り上げたのは、2016年8月の話です。カタル君の銘柄の選択眼と言うのは、なかなかです。採り上げた成長企業を数え上げると…キリがありません。株を売った後も、ドンドン高くなるケースが多いのです。

故に、最近は、仕上げた後も、一部を現物株に変えて、残すケースを増やしています。今回の「夢テク」も、今回は2度目の参戦で、本日も、少し買っています。本日は1130円から5円刻みで…昨日の1125円からの指値を、少し上げて買い始めています。まぁ、買っている株数は、僅かなのですが…売買手法の実験をしています。貧乏人は、身分相応の玉の張り方をしなくてはなりません。

実は…3月13日以来、米国株安なのに…日本株は3日間連続で陽線です。

プラス0.84%、0.23%、昨日も0.17%の陽線です。今回の下げは1月18日に1.76%の陰線を示し…流れが転換しました。採り上げている指標は、全て日経225採用の平均値です。この日からサイコロジカルラインも50%を下回り…下落を続け2月14日がきつく30.74になっています。

三菱UFJの加重平均株価(VWAP)と引け値の差は、ここ4日間連続でプラスです。5日の平均値はプラス1.96円になっています。つまりVWAPで買っていると…いつも大引けは高くなっている訳です。ただ…まだ分かりません。

本日も720円を割れており、まだ明確な底入れとは言えません。株価と言うのは…「後追い」でないと下値を確認できないのです。現在進行形では、下値かどうか分かりません。故に…前の二つの山(チャート上の目先の天井)を抜いたところから、参戦をしても良い訳です。三菱UFJのチャートでは、目先の高値は13日の737.8円です。これが第一の山、その前は…2月27日の780.6円です。故に、現時点での…二つの山は780.6円を超えなと駄目です。でもチャートは、常に…時間経過で変化しています。だから、二つの山が更に下がるケースもあります。

故に…現状は、まだまだ「野となれ、山となれ」…で全く分かりません。ただ3月9日の714.5円は、出来高が8803万株と膨らんでいます。此処が底かどうかは…もう少し観察をしないと分かりません。つまり、まだ打診買い程度に留めて置き、様子を見るべきなのでしょう。700円を割れて、底入れのケースもあるかもしれません。

でも日経225も、日証金の回転日数も…底入れ気配を示しており、最近の個別株は、上昇気配の銘柄も増えています。だから大丈夫だ…と、カタルは思っていますが、まだハッキリしません。アノマリーでは…通常は「彼岸底」です。そうして新年度の4月は相場が高いと言うのが、通説です。3月決算数字は、間違いなく良く…業績面の不安はありません。ただし目先の話ですが…。

読者からメールを頂き、ダニ・ロドリックと言う人が書いた「グローバリゼーション・パラドクス」と言う本を、最近は読んでいます。この手の本は、小説と違い…なかなか興味が進まないのですが…やはりグローバルリズムは、昔から貿易摩擦を生み、景気の上下波動を、繰り返してきたようです。過去の歴史はそのようです。

日本もプラザ合意以来、構造改革を迫られ…鄧小平の南巡講話から、生産移転による空洞化により、デフレ社会の形態は、前から予想されていたわけです。だから、あの時に…カタルが西葛西に住んでいて、ユニクロが出店した時に、ユニクロ株だけを買い続ければ良かったのでしょう。あの時代での「500円Tシャツ」は、実に衝撃的な事象でした。

「時代の考察」は、大きな利益をもたらします。冒頭のリログループの成長も、イー・ガディアンも…最近のアウトソーシングも、全てそうです。時間の推移で…必ず、そのような結論に至ります。皆さんには…難しい、話しでしょうか?

まぁ、カタルの読者層の質は高く…中には、ダニ・ロドリックを知っている人も大勢いるのでしょう。でも、カタルは知りませんでした。何しろ、馬鹿の部類です。馬鹿は、いつも同じ失敗を繰り返します。だから…なかなか市場原理の世界で、お金持ちの勝者の側に回ることができません。努力を続けていますが、もう直ぐ、物理的な限界値を迎えます。

若い読者が、カタルの失敗を糧にして、成長する事を願っています。

さて…難しいゴタクは、この辺りにして、アマゾンなどの行動を見ていると、フィンティクの世界も価値値を変えており、QRコードで覇権争いをする村論理の時間は残されていません。最近はフェースブックやグーグルは、仮想通貨の広告も止めて…新しい倫理観を育んでいます。この時期にトランプ氏が登場し、保護主義の復活を目論むのは…国家の基盤そのものが脆弱になっており、行方は分かりませんね。スマートコミュニティーは、国家の存在を否定するのかも知れません。エストニアの事例など…面白い事象がたくさん出ています。

国内は相変わらず、生産性のない、揚げ足取りの議論に終始し…呆れる展開です。森友など検察組織に任せておけば良いと思うのですが…財務官僚も劣化しており、この国の在り方を考えると、呆れる限りで、早くお金持ちに成って、同志を増やしたいものです。

やはりお金持ちが、政治資金をする理由が分かります。カタルも億単位で、毎年、資金提供できるようになれば良いのですが…果たして…残されたわずかな時間で、実現出来るでしょうか? お金は、そんな風に…時代の創設に使うべきなのでしょう。

アレレ…三菱UFJは720円台を回復してきましたね。カタルは、この株の推移が、全体相場のバロメーターだろうと思って、レポートで取り上げています。先ほどの安値は718.8円です。此処で切り返すなら…理想的な展開なのですが。果たして…どうでしょうね。本日もVWAPを上回って終わると良いのですが…今の所、加重平均株価は721.24円です。

本日はメドピア、ROEが高い長谷工、東芝も高いですね。カタルは先日、小野薬の利益を使って…現物株を5000株増やしましたね。そうして1万株にしました。まぁ300万円程度のお金ですから、貧乏人のカタル君には、痛いけれど…上場廃止になっても、復活する時間を我慢できるでしょう。カタルは本筋論では、上場を廃止すべきだ…と、今でも思っています。株主ですが…そう考えています。でも本音は…やはり、残して欲しいかな? 微妙な心理です。

株主総会を控えるケネディクス、何故、役員を増やすのでしょう。社外取締りの増員は、新ルールなのでしょうか? せめて長谷工並みの20%程度の利益を上げて欲しいものです。さて…後場から、三菱UFJが切り返せるか…。相場の焦点になるのでしょう。それでは…本日は、この辺で…お終いです。

カタルは、昨日、半分を僅かな利益で利食いしたのですが…、なかなかゲーム関連の株も強い動きです。一旦、下値を観たので「儲かれば…良し」なのですが…人間と言うのは、たとえ僅かな持ち株でも、欲が出るから、面白い動物です。

昨日、買えなかった1260円を…本日は、追加で買ってみました。この程度で、打診買いを一旦は止めて…時間の経過を待つべきか…。それとも、どんどん買い下がるべきか…。悩みます。でもカタルは、この株は時間がかかると思っているのです。多分、夏を超えて年末だろうと思っているのですが…。カタルの時間観測も…いい加減ですからね。でも神様ではないから、なかなかピタリとは行きません。仕方ないですね。

貧乏人故…あまり奥が深くないので…そろそろ相場も、反転して欲しいものです。それでは…また明日。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2016.07.01

    7/1
  2. 2017.04.11

    4/11
  3. 2017.03.29

    3/29
  4. 2017.07.24

    7/24
  5. 2018.06.04

    6/4
  6. 2015.11.27

    11/27
2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
株式投資関連の本