アーカイブ:2017年2月1日

2/1

かたる:先ズレしたと思っていますが、まだ完全に「グレートローテーション」の流れが、消えた訳ではなく、依然、期待感を秘めています。昨日の日経新聞の夕刊には「ドッドフランク法の金融規制改革法案は大失敗だ」とトランプ氏は述べ、規制緩和で大統領令…と報道されています。未だに民主党の反対に遭い、財務長官のムニューチン氏の承認手続きが遅れているようですが…昨日のNY市場も、大幅安にはなっていません。通常は、もっと大きく下げても…仕方ない環境です。

高値保ち合いの後…歴史的な2万ドルを達成し、急激に株価が下げるケースも警戒していたのですが、メディアの人権問題批判にもかかわらず…意外に株価は強いとの印象を持っています。通常なら…もっと、大きく下げますね。でも実際は相変わらず、懐疑の中で相場は育成されている様に感じられます。

クラウドワークスなどを…多くのカタル銘柄を観ていると、鳴かず飛ばずで…下値圏を這うような展開です。三菱UFJは、昨年末の720円を下回って…714円台で推移していますね。でも高値保ち合いを続けています。この水準で…強弱の対立が起きているのでしょう。

指数を観ると…高値乖離問題が改善方向にあるように感じています。逆日歩銘柄も、相変わらず高水準状態が続いています。メディアは米国企業の政府の入国制限などに反発している様子を伝え、司法省のトップ解任問題などの混乱ぶりを大きく報道していますが、そんなに悪い方向性なのかどうか…。未だに、解釈は混沌としています。カタルは、なるべく日経やNHKなどの報道に流されないように…冷静に対処しようとしていますが、やはり何処かでの大暴落の懸念は払拭できません。やはり人間ですね。

ただ意外に強い銘柄も多いのです。リクルートを、カタルは機関投資家向けの銘柄として大推奨していますが…非常に綺麗な上昇波動を維持しており、右肩上がりの展開を続けていますね。オリコは復配に漕ぎ着けましたが、アコムは、未だに駄目なようです。でも…この株価水準は魅力的です。本当は買ってみたいのですが…貧乏人は資金が続かず、実験を続けられません。実は、このような株価水準の株は、多く存在します。

まだ全体相場が、力強く上がるためには、乖離問題が存続しており、もう少し時間が必要かな?…と思われるので、きっとゲリラ戦は続くのでしょう。昨日は有効求人倍率が発表されていましたが、まだ完全失業率の数字は3.1%で、3%を割れていませんね。今年は、この数字が3%割れの定着になり、いよいよ本格的な賃金上昇が期待されます。

この仮説、日経新聞の馬場さんの解説ですね。3%割れが、物価上昇の分水嶺と言う歴史的なデーターの話です。ケネディクスの株価は、低迷を続けていますが…名目世界に突入すれば…資産価値は上昇し、僕らの生活感もガラリと変わる筈です。懐かしい…右肩上がりの生活が復活するのです。今年、そのデーターが…ようやく揃う筈です。

「流動性の罠」が深い為に、なかなか名目時代に移行できませんが、何しろ、日銀の当座預金残や、企業の現預金残には、唸るお金が寝ています。このお金の目覚めが…待ち望まれる訳です。でも辛抱も、こう長いと…塗炭の苦しみです。石の上にも3年と言うが…既に、3年処ではないですからね。

まぁ、総合すると…トランプ政権の良さは、「規制の緩和」と「インフレ」期待かな? 減税や公共事業投資の拡大は、新しいスマートコミュニティーの推進を後押しする可能性もあり…そんなに悪くはありません。ただ保護主義は、頂けませんが…何れ、数字が思うように改善されなければ…方向性を転換するでしょう。市場は…正直ですからね。

クラウドワークスとフュートレックの日足推移

さて本日は…幾つかの仮説を提示しておきます。何れもテクニカル指標の注目点です。先ずは…昨日も買っているクラウドワークスかな? こちらは労働改革が続いており、外部環境は、すこぶる良いと判断しています。現在は…昨年手がけ、現在、新高値を更新したフュートレックの形のイメージをダブらせています。ようやく…クラウドワークスは200日線に到達しました。本日の200日線は780.72円ですね。昨日の安値780円は、この水準です。

アークの日足

一方、先進国回帰のアークは、高値保ち合いを続けており、間もなく、Bの期間と同じ時間を経過します。あと数日ですね。カタルは利益準備金が140億円もあり、時価総額が440億円なので、過大だと考えています。復配も視野に入っており、先進国回帰の動きから、金型の拠点の価値が、生き返ると思っています。その動きを先取りするかどうか…。

まぁ、株価が弱いと買いづらいのですが…、最近、何れも…注目しているポイントですね。基本的に、株は上げ出してから買っても良いのです。下値を上手に買おうとはせずに、動きを観ていれば…良いのですね。その為にカタルは、可能性のある株を…いつも…無理をせずに、打診買いから始めます。下がって、良し、上がって、良し…。どっちに転んでも対処できるようにしておきます。ただ実際に買わないと…動きを観ると言っても、疎かになります。やはり株数は少なくても…実践に勝るものはありません。

皆さんはプロではないので…無理をされないことです。いつも、どっちに転んでも良いような体制で臨まれることですね。それでは…また明日。アララ…クラウドワークは770円も買えています。何処まで、下がるやら…。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。
2017年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
株式投資関連の本