9/5

かたる:神主さんからの梨(豊水)が届き…昨日、お礼の電話をしたら、彼の子供は3人姉妹なのですが、真中の娘が嫁に行かずに、「パラサイト」(やどかり)だそうです。今回は有料の老人ホームか…、自宅の新築か…悩んだらしいのですが、後者を選択したとの事。どこでも団塊の世代は、似たような状況なのでしょう。

カタルは、おばあちゃんと暮らしていますが…一番は、家族が老人を支えることでしょう。でも認知症の程度によるのでしょうね。あまりにひどい場合は…とても介護する側の精神が持ちません。誰にも訪れる「老い」の問題は、真剣に考えないとなりません。「安楽死」と言う選択が、あって良いと思うのですが…。日本と言う国は、まやかしの国ですね。

自由な発言が出来るのは、まだ中国より恵まれています。昔の特高警察が存在していた時代なら、間違いなく、今頃、カタルは監獄です。北朝鮮なら…既に消えているでしょう。実の兄貴まで殺害するのです。権力と言うのは、そんなに魅力的なのでしょうか?

日本人と言うのは、面白い民族です。何処まで行っても…この心配性の精神構造は、変わらないのでしょう。世の中に、絶対の「安心安全」などないのに…。コツコツ頑張って、お金を貯めて…最後は振り込み詐欺に遭い、惨めな生活で終末を迎えるのか…。昨日のニュースで、目についたのが…自殺です。やはり統計は、嘘をつきません。この新学期が始まる9月1日前後の自殺者が多いのですね。中学生や高校生は、多感な…難しい年代です。

子育てをすると…難しい問題がたくさんありますからね。カタルの娘も、昔、苛めに遭っていました。故に中学生から私立を受験し転校させました。それが良かったのかどうか…。でも今は、子供にも恵まれて幸せそうに暮らしています。彼女の笑顔を観ていれば…嬉しいですからね。日本中が笑顔あふれる社会になると良いですね。長く…実質成長重視の時代を生きて来ましたが…やはり昔の社員時代のパッパラパーの名目時代の方が、楽しかったですね。

何しろ、希望があるかどうか…と言う基準は、非常に大切な問題です。昔のNHKのニュースと…今のNHKのニュースを比べると、昔は、小さな出来事のニュースをこんなに取り上げたかどうか…。痴漢をした程度の出来事が報じられていたかどうか。今は兎に角、細かくなりましたね。他人を叩く報道が、多いように思います。

人間の幸福感は、他人との比較でもあります。周りを観て…自分より不幸な人が居れば…自分は、まだ恵まれていると納得するのでしょうか? その為に、作為的に東北大震災の報道が長く続くのでしょう。家族がなくなり…自分だけが残った報道など観ると…比較などできませんからね。

そう考えると…株式市場で一旗揚げようと頑張っている人間は、まだ意欲があり、日本の中では…先導的な人種が集まった社会です。でもそのような人たちの集まりでも…日本株だけが、未だに1989年の高値38915円を抜けないのです。まだ半値の水準ですよ。いったい、何処で…この国は、政策を誤って選択したのか。何故、なかなか修正できないのでしょう。実に、簡単なことなんです。その簡単な作業が、なかなか出来ない現状を観ると…悲しく思います。

この休みに、「馬場レポート」を解説しましたが…カタルは、これが真実だと確信しています。問題は、次に訪れる賃上げの動向ですね。このスピードが問題になります。当然のことですが…スマートコミュニティーが進むと、多くの所で効率化が生まれ、ロボットなどが人間から仕事を奪います。そうなると…価値観が大きく変化しますね。

やはり最後は…人を「感動」させる、何かを持ってないと駄目です。映画でも小説でも…涙が溢れることがあります。でもカタルは、音楽では泣く事はなく…絵画でもそうですね。人により…価値観は様々でしょうが…。

さてゴタクは兎も角…本日の相場は、また安いですね。日本人と言うのは、本当に「玉」無しです。基本概念が、見えないのでしょうか? 日本は、もう既に…出口に到達しているのですね。

キーワードが「人手不足」だとすれば…この中からスター株が、続出する筈です。カタルはリクルート(6098)を、新規上場以来、一環推奨をしています。機関投資家さん、まだまだ指数(賃金動向)をみると分かりますが、明確な上昇過程を描いておらず…買いの場面は続きます。

少しアクティブな銘柄は、既に20倍以上になり…現在は乖離がありますが…「アウトソーシング」(2427)でしょう。でもかなり乖離があり…二番手銘柄を探す場面です。

でもカタルは、少し間違っていました。そもそも5月の段階で…夏は弱いから乖離の低いものを選択したために、未だに株価は、低迷したままです。仮に5月の時にトップのアウトソーシングを選択し、それから…この場面で「チェンジ」すべきだったのです。

鶯の谷渡りと言いますが…なかなか機敏にそんな行動は、神様ではないから取れませんね。今調べたら…このアウトソーシングをレポートで取り上げたのは、今年の3月27日ですね。そうして5月1日の段階で…この新たな構想を手にしたわけです。 3月27日の高値は4185円なのです。5月1日の段階では4365円ですね。この時には、既に…この人材不足関連の相場を、予感している訳です。それが7000円か…。まさにコンチクショウですね。

いつも、カスって…ばかりです。なかなか運命の女神が、微笑んでくれません。昨日…そうして本日、買い下がっている年末相場、「期待の星」は、どうなるかどうか…。まぁ、ケセラセラです。

日経平均株価の日足推移

日経平均株価の先日の下値は19280円ですが、この間に200日線は上昇しており、現在は100円上の19380円です。どうしても…全体相場が下がると維持率の話が、浮上します。カタル自身、本日は、お金を入れた次第です。

ケネディクスの株価は7円安の513円ですね。いつも感じますが…貧乏人は無理をしたら駄目だと言う事です。追証なら無理をせずに、売る事ですね。そうして持ち高を減らす事です。最初の負けは、潔く認めるべきです。

株式投資で大きな損失を被る人を見ていると…根性のある人が、駄目なのです。何処かで…頑張らなければ、なりませんが、まだNHKは、騒いでいません。こんな時はマダマダですね。NHKが騒ぎ…2週間ほどしたら大丈夫なのでしょう。でもカタルは、既に名目時代に突入していると思っており、この200日ラインが下値水準だろうと考えています。

仮に…まだ名目時代に移行しておらず、実質経済のデフレの社会では、ここから株価は、更に急落する分岐点になります。まもなく…一気に、全体相場が下がりますよ。

こんなもんじゃなく…19000円は、簡単に割れるでしょう。それが株です。今の株価水準は、実質時代と名目時代の「分水嶺」なのでしょう。果たして…どの辺りに、時代は位置しているのか? この日経平均株価でも、「時代の流れ」を判断できます。我々は、どの立ち位置に居るのでしょう。

カタルは、既に名目時代の入り口に立っていると思っています。だからお金を入れたのです。違うと判断しているなら、もっと建玉を減らさねばなりません。判断が難しい分水嶺なのです。

鹿島建設の日足推移

でも邦銀のみずほも190円を割れた188円ですからね。一体どうやって、ここから下げるほどの売り物が出てくるのでしょう。逆に建設株は、高値水準です。鹿島などは名目時代の動きですからね。東レだって…この水準です。周りの動きを総合するとどう考えても既に名目の世界のようなデータや株価なのです。そう考えないと整合性がないですね。みんな、見えない糸に結ばれているのです。

カオス理論と言うのがありますね。NYで蝶が羽ばたくと…株が暴騰するとか…日本で台風が起るとか…一見、絶対にあり得ない現象が、実は…密接な係わりを持っていると言う話ですが…。

この話と同じように…アウトソーシングが上がるなら…同じように関連株は必ず上がるのです。市場がその現象に気付いていないだけの話ですね。故に優秀な仕掛け人が登場しなくてはなりません。ここで力のある優秀な仕掛け人が仕掛けると…見事な相場が演出されます。

先日、ケネディクスに仕掛けが入りましたが…ARAは見せかけのような存在なのでしょう。エリオットが本筋の仕掛けですね。株価の動きは正直です。カタルはARAの時に期待はしたけれど…本当に買っているかどうか疑問だと感じていました。本当にあの株数を買っているなら…もっと綺麗な形で高値を抜きます。仕掛け筋も色々です。

実際にカタルは不動建設の相場の時に、その裏舞台を観ています。仲間のよっちゃんは、帝国ホテルで、毎日、作戦会議ですからね。市場には色んな人間が関与していますから、自分達の選択眼を養い…騙されないようにしなくてはなりません。あの動きは、たぶんプールですね。玉の移し替えです。でも何処かで…再びチャンスを観てやるのでしょう。何しろ、ケネディクスは名目時代のスター株なのです。もうそれは確定です。宮島さんもようやく…積極姿勢に転じています。これからですよ。

お金があれば…買い増すのですが、何しろ、貧乏人です。でも、今1000株だけ成り行きで買ってみますね。ハイ、516円で1000株のお買い上げです。どうなりますか…。今の相場の見所は…時代が名目時代に突入しているか…それともまだ実質時代が続いているかの分水嶺です。その株価位置なのですね。相場の見所が分かっていると、相場を楽しめますね。カタルは粛々と、下値に位置する「期待の星」の持ち株を増やすだけです。それでは…また明日。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2015.11.25

    11/25
  2. 2015.12.22

    12/22
  3. 2015.04.13

    04/13
  4. 2016.05.25

    5/25
  5. 2015.04.14

    04/14
  6. 2016.06.09

    6/9
2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
株式投資関連の本