9/4

かたる:北朝鮮が、水爆実験とか…。相当、政権が追い込まれている証なのでしょう。でも彼らの言い分も、分からないではありません。イランの時も感じましたが…欧米の先進国は、自由な行動が許されて、何故、自分達だけが、行動を制約されるのか?

この反発感情は、ある意味で理解できます。しかし既に世界は一つの方向性で動いており、悪戯に反発するより、世界ルールに従って成功しているのが、中国ですからね。だから北朝鮮も、政策方針を変えれば…良い国になると思うのです。何しろ、国民が従順な人々です。国家の搾取に文句を言いませんからね。無理やり、従わされているのでしょうが…それでも従順な国民は貴重な存在です。なんだか…戦前の日本を連想します。

そろそろ覚悟を決め、次の準備を考える段階かも知れません。もともと誘拐や偽造通貨に麻薬など…何でもありの国ですからね。ドイツは統合され、残った戦後処理で…日本人にとっては過去の汚点処理が残っています。戦後復興の経済援助と言う形で、ひも付き貿易をすればいいのでしょう。そうすれば…資金元だけに、中国企業にも勝てます。

出来れば…特殊部隊などの投入で局地的な処理か…。CIAなどの活躍で、暗殺などの手段の方が優れていると思います。中国と親しかった張成沢が粛清された辺りが…分岐点だったように感じています。まるでスパイ映画ですね。この辺りの動きもリーマンショックの影響があるのでしょうか? やはり…あの規模の失敗は、世界中に色んな影響が出ます。

ただ戦後処理を考えると…韓国に統合されるのか? どんな形で再興されるのでしょう。この辺りの力配分を衝突の前に決めないとなりません。一般的には韓国との統合が、一番、相応しいように思えます。そうなると…膨大な需要が生まれ、昔のような朝鮮動乱で潤った特需が発生するのは…疑いの余地はありませんが、主に恩恵を受ける主要企業は、中国なのでしょう。でも先ほど述べたように…資金の出し手には、力がありますからね。

北朝鮮リスクで…株を売るのは馬鹿げています。カタルには、どう考えても…株を下げる理由にはなりません。日本の生産基地が壊滅的な被害になると言う事はあり得ません。せいぜいミサイルの一発か…二発程度の被害でしょう。東京は…。これなら迎撃が出来そうに思えます。戦略的には…米軍の基地を叩きますからね。まぁ、起るかどうかの戯言を考えても、あまり意味はありませんね。このジレンマが、適正な調整過程の場面を提供していると考えるのが…最も自然な形です。

でもカタル君、本日は利食いと損切りを、同時にやってポジション調整を迫られました。仕方がありません。ケネディクスは、やはり520円を割れましたね。何処まで下げることができるか…。下値の位置が判明します。ここが非常に重要なのです。このような調整場面では…下値の位置が分かりますからね。

基本的に、昨日も見たように…既に日本経済は、名目経済への体制作りを終えている様に感じています。この「人手不足」が、賃上げに繋がります。本日のチラシに、東陽町の深夜と早朝勤務の山崎パンのあれは…直営かな? コンビニのような店舗ですが、アルバイトの時間給は1250円とか…。1000円を超えた表示は、これまでに何度か見ていましたが…1250円は初めてのように思います。8時間として1万円ですね。これならカタルも、株で失敗をして、女房に「三下り半」を下されても、何とか、路上生活者にならずに…暮らせるかな?

世の中…なんとかなるものです。だからパッパラパーと、楽しく挑戦しましょうね。所詮、お金の話です。命のやり取りとは、違います。ヤクザだけは止めましょうね。あいつらは、北朝鮮と同じで…理屈が通じません。目先の感情で動きますから、気を付けないとなりません。よっちゃんなんか…ヤクザの親分に連れられて、組の事務所まで引っ張られて…脅されました。でもその親分は話の分かる奴で、最後は謝ってステーキを御馳走してくれたとか…彼は強運です。中には親分でも話が通らない奴が、いっぱい居ますからね。

さて本日は、株の下値の堅さを観る良い機会です。既にチャート上は…相場は、上を向いています。だから、こんな時が仕掛けのチャンスです。本日、カタル君は、みんなと一緒に…約束通り、現物株で買っており、後場からも上を買う予定です。後場寄りと大引けにも、更に500株ずつ、買おうと考えています。今日は北朝鮮のおかげで、寄り値は冴えず…窓など空けませんでした。良かったですね。

いよいよ…秋から年末にかけての相場がスタートします。北朝鮮リスクは、丁度良い、調整の基点になります。たぶん多くの銘柄が、既に底を打っている筈です。本日のカタルはSUMCOを、僅かな利幅ですが…利食いしています。アドバンもそうだし…レーサムもそうだし…大型の三菱UFJも、下値を確認しているように見えますね。勿論、余計に買った株で、目先、失敗しているものもありますが…それを外し、新規の巻き返しです。

基本的に、今までは何をやっても…そんなに綺麗に株が上がらない筈なのです。「システマティック・リスク」と言う「市場全体」の調整が、ある為です。だから、カタルは「ケネディクス」の話ですが、あの時期に仕掛けたARAの買いに、不可解さを感じた次第です。故に、演出ではないか?…と考えたのですね。本来なら、この時期から、ソロソロ…と、ゆっくり仕掛けるのが普通です。まぁ、ファンドには色んな事情があり、貸し借りもあるのでしょう。

失業率と消費者物価の推移

日経平均株価は8月29日に200日線を割れ、本当に駄目相場なら…此処から、一気に下がります。でも既に、日本は時間をかけて…名目時代への準備を完了させている訳です。昨日の失業率の推移は、その事を示しています。

カタルは、企業の「内部留保」にも言及しています。いよいよ…始まりますよ。本格的な名目時代を、知っている人間は、もうあんまり、市場に残ってないでしょうね。何しろ…この失われた時代は長く、「人生を棒に振る」時間です。

昨日から始まったNHKのBSドラマの「全力疾走」は、馬鹿な喜劇のようですが…あの背景が、実質経済時代を、物語っています。NHKさん、次は名目時代の成功物語にしましょうね。でもこれから、どんな展開になるか楽しみです。まぁきっと、かたるようなパッパラパーな人生なのでしょう。

株式投資は…所詮、なるようにしかなりません。市場全体のシステマティック・リスクには抗えません。そんな事は…あまり考えなくて、良いと思っています。むしろ政策動向です。戦争や地震が起こるから、怖いと言って…生活をするのは馬鹿ですよ。

生まれた時から、様々なリスクは、存在するのです。病気もそうです。北朝鮮より、ガンになり、死ぬリスクの方が余程高いのです。日本人と言うのは…馬鹿ですね。大切なことは…しっかりと、現状の経済状況を把握できているかどうか…なのです。

オリンピックが控え…建設需要も待ったなしに更に増し、エコ減税で盛り上がった買い替え需要が、どんどん大量発生するから、シャープの再建は円滑に進みます。だから…カタルは300円割れを狙っています。

先ほど説明したように…今の日本経済は、兎に角、人手不足なのです。だから…アウトソーシングが7000円を超える馬鹿高値になっているのです。丁度、5年前は…僅か300円台だったのです。30万円が、700万円ですよ。これが「時代の流れ」です。

途中、色んなリスクがありました。でも政策が、背景にある本流は…変わらないのです。僕らは…この本流に乗れば良いのです。日銀に逆らって…政策がおかしいと時代に逆らっても、株式投資は絶対にうまく行きません。

必ず、政策に乗った投資をしていれば…何れ、必ず成果が得られます。何しろ、日銀様は今だって、株とリートを買い続けています。ケネディクスは…必ず、上がりますね。エリオットの動向など…関係ありませんよ。日銀には無限のお金があります。

今は…これから、どんどん深刻化する人手を、どう確保するか? 企業の待ったなしの戦略が、問われているのです。だから株式市場では「アウトソーシング」に続く、株が続々と名乗りを上げます。もうこんな事は、決まった既定路線なのです。僕らは、その動きに付いて行けば良いのでしょう。かたるは、そう考えています。でもカタルは貧乏なので、僅かですが…後場寄りに500株、そうして大引けでも、もう500株買い増しします。

世の中は、起るかどうか、知らない事に…怯えて生きるのは馬鹿です。あぁ、俺はガンかも知れない、明日は…死ぬかな? そんな生き方は、楽しくないよ。やはり、どうにかなるさぁ~。…なのです。株で失敗して、女房から「三下り半」を下されても…駅前のコンビニで、深夜勤務をすれば…なんとか食えます。時代は…良い時代なのです。これから始まる名目時代…なんか、ワクワクしてきました。この期待感が名目時代です。人々に希望を与えるのです。それでは…また明日。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2017.02.09

    2/9
  2. 2017.07.18

    7/18
  3. 2017.04.24

    4/24
  4. 2017.08.16

    8/16
  5. 2015.03.09

    03/09
  6. 2015.12.04

    12/04
2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
株式投資関連の本