アーカイブ:2019年9月

9/19

先ずはFOMCの動向なのでしょう。事前予想通り0.25%の引き下げを実施しました。当初はこの決定を受け、株式市場は下がったようですが…パウエルFRB議長が今後の動向について…利下げも検討するとの文言を見つけ、反発したと言います。しかしFRBの内部の意見は割れている様で…市場の追加利下げ観測が覆される内容だったようです。

既に米国10年債は1.5%割れから1.9%まで上昇し、現在は1.8%程度の水準です。カタルはこの金利動向が、何れ3%台に乗ると考えています。つまり今回のリセッション懸念は消えると思っているのです。故に半導体指数に注目しています。現在のDXI指数は19203.10となっています。

此処では…5Gスマフォの高周波半導体(RFチップ)のレポートが参考になるかもしれません。此方です。村田なども反応しています。TDK(6762)なども強いですね。

このDXI指数の動向は、三菱UFJの株価動向に似ています。理屈上は同指数の影響を受けても良い訳です。景気動向が回復するから、半導体の利用は増えて需要が膨らみます。つまり金利は上昇しますから…銀行株も上がりやすくなります。

しかし今は、バリュー株としての評価なのでしょう。このレポートは以前、紹介しましたが覚えていますか? もう一度、リンクしておきます。このJPモルガンのレポートが一般化して…今の市場動向が解説されています。

カタルが「金利裁定」機能を述べている背景です。盛んに三菱UFJを引き合いに出し…5%利回りになっていると述べています。カタルは2回ほど前の会員レポートでこう書きました。信用取引を利用して1億円、つまり三菱UFJ株を20万株買うと年間の金利が3%だとすると…300万円掛かりますが、配当利回りは5%なので200万円の「鞘が抜ける」と述べていました。それほど三菱UFJの500円の株価は魅力的だと述べたのです。

1億の信用の為の証拠金は3000万円です。200万ですから、つまり6.6%の利回り投資になります。その内、株価も騰がる場面もあるでしょう。今回のように…既に会員レポートの価値は、このアイディアだけで充分に果たしています。

金融取引と言うのは…アイディアの勝負です。一つの現象を見て、様々なアイディアを思い付くかどうか…。昨日は、田中化研のアイディアを掲載しています。EUでは車の規制が難しくなり、電気自動車が主流になります。何処でもそうです。ただ…米国では厳しいカルフォニアの規制をトランプが撤回させる動きがあります。

市場では毎日、様々な出来事が起こります。サウジのテロや、台風の後遺症や池袋の殺人事件など…それらの事象、つまり株式市場にとっては材料ですが、その材料を組み合わせて、未来の相場を考えるわけです。ところが…皆さんの多くは既存の発表を重視し過ぎと言うか…過去のデータに振り回されていると言うか…驚きます。

株式市場の値動きは半年先の景気を読むのです。過去の損失は知ったらお終いです。

本日も千代化が…どうしてか? 理由は分かりませんが…売り気配スタートで大幅安しました。仕方なく…千代化を買いたくなって、他の株を売ったのです。たいした利益があるわけでもなく…中には800円ほどの損をしてまで、取引を実行しました。それほど千代化を買いたいと思いました。貧乏は嫌です。他の株を売らないと千代化を買えない状況は情けない限りです。

千代化の損失は過去の出来事です。もう後がないと思うから…何か、カタルの知らない「切っ掛け」があったのでしょう。でも材料は分かりませんが、カタルは自分の勘を信じて、5000株かな? いや6000株です。…を買いました。

でもどっちが良いか…。利食いしたJトラも上がり、若干の損をだしたO君も利食い範囲まで上昇しています。 やはり貧乏は嫌いです。 L君も買いたいと思ったのですが、お金がなく…仕方なく諦めました。本当に買いたい時に株が買えるようなお金持ちになりたいものです。

さて…何の話かな?

そうだ…株式市場は半年先を読むと言う仮説ですね。ホンマかいな…と思う事は良くあります。でも過去の話はどうでも良い訳です。昨日は何故か、ケネディクスが全体安にも拘わらず…上がっていました。本日は揉み合いですが…カタルが期待している横浜の物件の子会社化が発表されていました。これを汲んだ動きが市場にあるのかも知れません。

カタルは不思議なのです。この時期にわざわざノンリコースローンを利用して0.5%かな? 保証料を払う必要があるのかどうか。如何に宮島さんが過去のトラウマに影響されているか分かります。借入金は500億円かな? だから…2.5億円になります。安全だと言えば…安全ですが、この感覚が今の日本を「流動性の罠」に貶めている現象です。

だって一般企業なら分かりますが、ケネディクスは、自らリートを組成できる優位的な地位があるのです。その地位を利用していません。ビックリします。

同じことが…L君の評価にも言えます。金子さんは国内金融では難しいから…中国で資金を求めたのです。何故、国内は金融庁のルールに従うのでしょう。3%の融資ですよ。市場金利はノンリコースでも1.6%ですかね? このような清貧思想が至る所に存在をするから…三菱UFJが500円を割れる評価を受けるわけです。まったくバカバカしい限りです。

本当に…日本人と言うのは、考える頭を、もっているのでしょうか? 良く…隣の浜ちゃんが、「吉本の野郎が日本を駄目にしている」と言っていました。カタルもだんだん…彼が言う事が理解できるようになってきました。

NHKがチコちゃんと言う人気番組を抱え…でもあの言葉は、民放なら許せますが、NHKがやる言葉の使い方なのでしょうか? カタル自身、下賤な人間ですが、それでも抵抗感を抱きます。貧乏は嫌ですね。人間を卑屈にさせます。

地球温暖化問題もそうです。16歳の少女に諭される73歳のトランプ大統領です。結局、食えないと理想は追えません。だから毎年3%以上の賃上げを実施しなくてはならないのです。僕らは自分の頭で物事を考えて…賢い投資をしましょう。その為にカタルは時代投資を勧めています。市場の整合性を感じて自ら判断できる賢い投資を実行しましょう。

あら…時間です。また…明日。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。
2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
株式投資関連の本