アーカイブ:2020年1月

1/22

米国でも新型ウィルスの感染が確認され…ようやく株価が下落しました。適度の調整は必要なのです。なにしろ…米国の株高は、色んな悪材料を撥ねつけています。何故なのでしょう。スマートコミュニティーの実用化が、進展している可能性が高いのです。

これは基本的な考え方ですから、覚えておくと良いでしょう。お金と進化の話です。基本的にどんな産業でも、お金を投資すれば強くなり活発になります。産業活動の素はお金です。その投入量やスピードにより、産業は…つまり景気は良くなります。ケインズ理論を持ち出すまでもないでしょう。大恐慌時代のフーバーダム建設などは良い実例です。MMT理論なんかも…この口です。

でも赤字企業だと…疑心暗鬼になり、投資に「二の足」を踏みます。昨年、起きたWeWorkへの評価の劣化は、進化のスピードを止める動きです。ウーバーは、なかなかIPO価格の45ドルを回復できません。26ドル近辺まで下げて…現在は37ドルです。依然…赤字だからでしょう。

でも同じ赤字のテスラは、なんと10兆円の時価総額ですよ。実は1兆ドル倶楽部のアマゾンも、昔は赤字続きでした。今は…テスラです。人工肉のビヨンドミートも赤字ですよ。でも日本人は、保守的ですね。呆れます。

しかしスマートコミュニティーの関連企業は、赤字のスタートが多いのです。マイクロソフトが復活したのは、クラウドサービスのお蔭です。その成長が1兆ドル倶楽部入りを支えました。

要するに、お金をガンガン投じると…ファーウェイのように世界トップ企業になると言う事です。中国共産党は一帯一路政策を推し進め、米中貿易摩擦の反撃に遭い、今は減速していますが、政策とお金を加速させるなら…なんでも可能です。

金融緩和などを続ける…ゾンビ企業も延命され過当競争になります。でも日本は村論理です。全ての雇用を守る為と言う聖域を犯すと…パイオニアのように叩かれます。しかし…新陳代謝がない村論理は衰退を迎えます。

プラザ合意の時期に、EMSやファブレスの生産革命が起きました。日本は雇用を守ると言う名目でこの進化を否定しました。その為に成田闘争になりました。成田闘争のように…無駄な時間を費やしたのです。それが空洞化と言う「失われた時代」です。何故、パイオニアの指名解雇事件を、何度も…引き合いに出すか? 分かりますね。

産業再生機構、産業革新機構? なんだか…訳の分からん、お金の使い方をしています。これは村論理の為です。出来ない奴を、出来る奴が助けるチームワークの考え方です。奉加帳などと言う制度、そのものが存在したのが、明らかにおかしいのです。

終身雇用や年功序列は、ラッセルする人間を、排除する仕組みです。だから出来る奴は、見せかけの「付き合い残業」をします。自分のノルマなど…簡単にできるのです。でも他人のノルマを、いつも押し付けられます。その出来ない奴の為に…「付き合いの残業」をする世界が、日本村論理です。他人の足をひっぱるのです。

市場原理主義は、出来ない奴を淘汰して…切磋琢磨して共に進化する場なのです。その為に常に新陳代謝が欠かせません。だからマードック(MDR)は破産をします。ようやく…千代田化工建設にとって、これで「材料の出尽くし」になります。

だからカタルは、本日は1000株だけですが、寄り値で買いました。破産…つまり倒産は進化でもあります。いつまでもマイナス面を引きずらずに、新しいチャレンジを出来ます。この辺りの考え方は…たいへん大切です。「ピンチはチャンス」なのです。

日本人の多くは横並びを重視するロボット教育を受けています。同じ制服に髪型と言う具合です。校則で生徒の行動を束縛します。でもこれからの世界は多様な考え方が許される社会でしょう。何も…みんなと一緒に行動をしなくて良いのです。協調性などの行き過ぎた観念を捨て去るべきでしょう。

まぁこの話は、この辺にします。

本日はL君が下げており、カタルは公約通り1040円から下値を買っています。今の所は1000円が買えました。別に高値を買う必要はありませんが…この会社の田中君は、かなり優秀に見えます。実は昨日、読者からメールをもらいました。「そうじゃないか…と思っていたが。躊躇していたら、株価が上がってしまった」と言うものです。

たいしたものです。あんなヒントで、銘柄が分かるなんて…これで二人目です。確り…自分で調べればいいのでしょう。自分で調べないと、その良さが理解できません。実はこの読者は、長い購読者らしく…なんと、あのNSWを推奨した当時の読者のようです。最初のメールが2014年になっていました。このNSWは2014年6月26日に登場しています。

「もう一つは「 NSW 」9739ですが、上値を追う必要はありませんが、下げたらしっかりと玉を拾う事です。こんな小型株の売り物は高が知れています。先日は、大雑把な解説でしたが、何れ、もっと詳しく解説する機会もあるでしょう。だいたい富士通が年末推奨から5割以上も、クラウド絡みで株価が上げる時間感覚なのですね。日本通信は総務省の応援ですが、本来は「IIJ」3774へも、人気が波及する筈です。同業なのですね。むしろIIJの方が、クラウド絡みの材料も抱えています。」

カタル銘柄だったNSW(9739)の週足推移

上が…その当時の内容です。このNSWの当時の株価はたしか…500円台でした。熱海のジオフェンス実験を評価し、この会社の成長性を考えて…みんなでやりましたね。彼からメールをもらったのは2014年6月です。そこで…NSWの株価を調べたら、現在はこんな形になっています。アララ…流石、カタル銘柄です。

3Mもそうですが…玉石混合のレポートだと言う事が、分かると思います。本日のL君は久しぶりに熱くなっています。故に持ち株も増えています。先日紹介したエルテスは200株単位の買いで、僅かに最高の持ち株は600株でした。でも今回のL君は、三菱UFJを損切りして…買い向かいました。そうして現在は1万株を遙かに超えています。本日も1040円から随時、買っています。何故、惚れているか?

来週からヒントを交えて…その経緯を語ります。スマートコミュニティーを推し進めるためには、斬新な行動を支援しないと…日本社会の効率化が進みません。「オニムチャンネル戦略」の話しです。だから興味があります。それにZOZOの前澤さんが、何故、成功したか? などの研究にもなります。

実は…この銘柄もエルテス同様にIPO相場を批判したマクアケから生まれました。この手の株は上下が激しいのです。株価が必ず上下に大きく振れます。もともと…投資は値動きを見て売り買いをするものではないと思っています。

それはマネーゲームのような感覚も必要ですが、あれほど…優れている小手川君の続報はなかなか聞きません。所詮、ディーラーには、敵わないと思っています。僕らは時間を味方に付け…のんびりやれば良いのでしょう。でもカタルは、数々の失敗を過去に犯しています。時間の読みが下手糞です。

L君の週足推移(現在の株価位置は下値圏)

本日はL君の週足だけ…紹介しておきましょう。此処で重要な事は株価位置です。どんな良い会社も株価位置が高くなり乖離問題が発生すれば…必ず、調整を強いられます。その調整が時間調整になる場合、でもケネディクスは長すぎますね。この理由は経営者の方針です。保守的な経営に徹していた為に、利益が伸びないからでしょう。

もう一つが、値幅調整で…移動平均線に追随すると言うものです。市場は広く…乖離が高くなれば…潜在的な売り需要がドンドン高まります。でも株価が上がっている時は、売らないものです。

でも一度…株価が下がると、利食いが重なります。今回の新型ウィルス問題は良いガス抜きになる可能性があります。もともとL君は、減ってきたとは言うものの…まだ信用買い残が高いようにも感じられます。故に、本日のような下げは、ある意味でチャンスでしょう。だからカタルは、随時下値を買っています。下がれば…もっと買う予定です。

僕らは無理をせず、自分の力量の範囲で行動をしましょう。ブツブツ投資なら、どんな株価でのスタートでも怖くはありません。アララ…日経平均株価は、朝安から上昇してきました。信越は高いのに…SUMCOは安いのですね。この差がリーダーとの違いでしょう。本日は材料が出ているとは言え、「市場の整合性」に反します。

MDRの倒産から千代化は269-270-268-268=713400(10:28)です。こんなもんなのでしょうか? やはりソロソロに見えます。約1年の下値での横這いです。もう悪材料と思われる材料が出ても株価に影響がないようです。此処が重要です。上がる株は下値が堅いのです。

仮にL君がズルズル下がり…900円を割れるようでは、田中君の発言は眉唾でしょう。逆に、どんなに悪い環境でも4ケタを維持できるようになるなら…本物でしょう。新しい時代を創るリーダーになれるかもしれません。そうなると…株価は5倍どころか、10倍以上になるかもね。だって時間は掛かりましたが、NSWは500円が3000円だからね。

本日は休んでいたサラ金も来ています。Jトラストは底打ちが確認されましたよ。月次の資料を良く見て下さい。

いよいよ…延長戦を強いられた千代化にJトラも、開花の時期を迎えるかもしれません。楽しみです。銘柄なんか…なんでも構いません。自分の性格に合った銘柄を、自分の力量に合わせて…売り買いをしましょう。無理をせずに、のんびり構えればいいのでしょう。来週には…L君の正体がドンドン判明します。

何しろ…会員の方も、高い位置での参加になりました。ゴメンね。でも株式投資はNSWを見ても分かりますが…高く買った方が良い事もたくさんあります。

千代化やJトラストを見ると分かります。なかなかピッタリ時間を合わせるのは大変です。そんな事が分かっていれば…今頃は、カタルは南の島の王様です。でもトホホのカタルは、線路は何処までも続く…負け組です。

いい加減に、この貧乏生活から脱出を果たしたいものです。これじゃ…サラリーマンの方が、余程…良かった人生になります。本物への道は、やはり険しいものです。本日は安いから、早く分かった読者と共に、もう500株だけ…後場寄りでL君を買おうかな?

本日は大きく下がらず…小さなコマだと思っています。まぁ目先の予想なんか…なかなか当たりませんが。どうなるでしょう。

本日の買いは、千代化にケネディクスにL君です。他に新しい銘柄のアイフルではないA君も買ってみました。更に実験は続きます。それでは…後場寄りに、もう500株だけ買い増しを実行します。これで本日は合計で3000株になるのかな? いや…、今株価は、続落し990円まで入っています。だから下値が更に買えると…もっと持株は増えます。さて…どうなりますか。それでは…また明日。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。
2020年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
株式投資関連の本