アーカイブ:2020年9月16日

9/16

菅新政権の顔ぶれが決まったけれど…早くも黒い噂がメディアに流れているようです。デジタル庁は平井卓也さんに決まり、香川県出身で62歳だと言います。カタルは65歳でアスキーの西さん、マイクロソフトのビルゲイツと、同じ年の生まれです。 孫さんは今年63歳で、僕らより2歳、年下です。つまりネット世代の第一次かな? どうにか、分かるかどうか…の年齢でしょう。上智大学から電通に入り、家業の西日本放送を継いだようです。地方のテレビ局で日テレ系列です。

実はカタルは、新潟のNSTなどのテレビ局を、現役時代に担当しており、地方のテレビ局の実態を良く知っています。だから平井さんのイメージは、何となく…分かります。電通に勤務したのも…たぶん縁故でしょう。「親の七光り」のイメージでしょう。果たして使える人間かどうか…楽しみです。

さて…このDX投資のT君こと「テクノスジャパン」(3666)は、実は二度目の参加です。一度目は、会員に推奨をした途端に、「あっという間に」株価はドンドン上がり、あまり買っていませんでした。確か…600円で買った現物株を1000株だけ残し、他には2000株の信用分は、直ぐに利食いしました。だから…観察期間も短く、あまり良く知りません。

でも当時「オービック」(4684)の株価が、コロナ禍でも強い動きだったのです。最初、カタルは、その理由が分からなかったのです。それで調べたら「ERP」ソフトが伸びているので株価が10倍にもなったのでした。

それで…直ぐにERPの関連を探し浮上したのが、この「テクノスジャパン」です。経済の「雁行型」と言う論理は、絶対の法則です。リーダーが、先ずは「ラッセル」(雪山で道を切り拓く意味)をして成功すると、後続が、続々誕生します。

大手企業も…儲かるとなると参加しますから、その業界は過当競争になって行き、利益率が落ちます。でもこのDXと言うのは、これから市場のパイは更に…うなぎ登りでしょう。故にオービックの株価は、高株価なのでしょう。

そうして…昨日も話しをしたように、セールスフォースが、「米国を代表する」企業の顔としてNYダウ採用銘柄に選ばれました。僅か20年余りの新興企業が、その価値を世間から認められたのです。そのCRMと言うソフトも、テクノスジャパンはやっています。ここに最近、始めたのが…CBPと言うビックデータの分析と活用部門です。

常識的に考えて…外部要因はベストの「追い風」が吹いています。これで株価が上がらない道理はありません。1Qの数字もマズマズでした。詳しくは此方の専門家が書いたレポートが分かりやすいでしょう。このような…「市場の整合性」を理解することが、株式投資を理解するうえでは欠かせません。

外部の環境がマイナスでは…株価は、なかなか上がりません。カタルが千代化や東邦チタンを外したのは、そういう事です。でも時間さえかけるなら…ブツブツ投資は絶対です。辛抱強く我慢をするのが、投資とも言えます。

カタルは本日も、「ケネディクス」を、また買い続けています。 本日は寄り値で、新たに2000株を追加しました。この理由は、日本経済にとって、地価の上昇は欠かせないアイテムだからです。「1300兆円の逆襲」と言うシナリオが実現しないと、日本経済は活性化しません。

この考え方の背景は、市場経済では「資産効果」を無視した政策は成り立たないのです。馬鹿ばかりです。だから日本は、この30年間で…こんなに貧乏になったのです。NYやロンドンで昼食をしてみましょう。東京の500円が、果たして、正しいのでしょうか? 空洞化もありましたが…この失われた時代を加速させたのは、資産効果を無視した日本の馬鹿政策です。

その為に…年金などの「穴埋め」などの為に、雇用も切ったのです。この1300兆円の逆襲が正しい道だと信じている為に、5年も6年も…「馬鹿の一つ覚えで」ケネディクスの「雪だるま投資」を実施している訳です。

しかしようやく…「流動性の罠」の扉が開きます。コロナ禍も…日本経済にとってはプラスです。463兆円の内部留保と言い…条件が整ってきました。

ケネディクス(4321)の月足推移

本日は期間の長い月足チャートを付けて置きます。5年や6年ではないですね。もう7年ですよ。馬鹿新聞社のせいで…なかなか日本人は「前向きな発想」に変わりません。困ったことです。

この資産効果を「悪」とする考え方の為に…日本は世界競争に敗れて、嘗て…世界NO1だった「半導体」産業も消えたのです。ドンドン劣化したのですよ。「失われた時代」の原点は此処にあります。故に「1300兆円の逆襲」は、日本が立ち直る為に…「必要不可欠」のアイテムです。

皆さんは…本当に、自分の頭で株式投資を考えていますか? 

どれを買えば儲かるか? そんな事ばかり考え、目先の株価の動きに一喜一憂していませんか? 株式投資は王道を歩むべきです。カタルだって、本当はテクノスジャパンやスカラにユビキタスなどの小型株なんかより、三菱UFJや野村証券など…SUMCOではなく信越化学をやりたいのです。

しかし貧乏人は、常にハイリスクを選択して…果敢に挑戦を続けないと、夢の実現は難しいのです。それに…あとは、やはり「運」が必要になります。全て揃わないと成功など出来ません。

努力をするのは当たり前の第一歩です。そんな事だけで成功できるほど世の中は甘くありません。折角、40億円を築いたのに…これを200、500…躍進させるはずが…リーマンショックに金融庁の規制です。その失敗がカタルの歩みです。

もう社会のお荷物世代の65歳になったのです。働かないのに2カ月に一度、年金が振り込まれ、なんだか…罪悪感があります。出来ることなら、それ以上の納税証明書を掲げたいものです。コンチクショウ!

今回のテクニスジャパンはロコンドを買うために、早めに売っていました。本日も1000株を売っています。ですが…銘柄発表に及び、カタルは皆さんと共にまた後場寄りに200株だけ買いで参加します。

テクノスジャパン(3666)の日足推移

カタルはこう述べています。先ずは参加することが正しい道だと思っています。それからブツブツ投資なら、最初に、どんな高値を買っても…大丈夫だとも述べています。だからもうかなり株価が上がっていますから、先ずは下がることを前提にして200株だけ皆さんと共に後場寄りに買います。

昨日は、大きく株価が上がり、一気に新高値です。カタル自身、この値上がりに驚いています。でも会員レポートのタイミングは、だんだんベストタイミングになって来ました。もう直ぐですね。

はやく、はやく…本物の「技量」を手にする前に…カタルの寿命が尽きます。カタルレポートを、皆さんは活用され…カタルを踏み台にして「ステップアップ」をして下さい。証券マンは、まず顧客を儲けさせて…自分の器を引き上げましょう。

本日のロコンドは髙いですね。昨日は2階建てを止められ…おかしな話です。現金担保分で買えるはずなのに…証券会社も過剰な防衛です。どの世界も能力のない人間が上に行くとおかしな世界になります。表舞台に登場するなら…それなりの実力が必要だと思いますが…世の中は偽物ばかりです。

カタルはソフトバンクも、この下げを買っていましたが…ロコンドを買うために利食いをしたら、この騒ぎです。でもMBO観測を受け、一昨日、6400円で買い直したのです。本日の上げは自社株買い報道によるものでしょう。たぶん…アーム社売却に絡み…自社株買いを止めていたから、あの動きになったのでしょう。ここでも乖離や移動平均線の基礎的な知識が活きます。皆さんもムードに溺れずに、正しい判断をしましょう。「主体と客観」の考え方を忘れず…常に自分を客観的な視線で見直しましょう。

ユビキタス(3858)の日足推移

昨日はそろそろユビキタスが、新しいステージに「登壇する」観測を述べています。この銘柄だけ…ロコンドより、ソフトバンクより強いのです。まぁ、前者の2社より人気にならず、乖離が大きく開かなかったから、そうなのですが…やはり「魔性の女」です。

だって本日になると2階建ては解除されたのですが、肝心のロコンド株は髙く、上値を買って良い物かどうか…微妙ですが、ユビキタスは高値で休んでいます。

カタルはアンジェス、PSSなどを観ても、そう感じます。株は下がりませんね。やはり名目時代入りをしている可能性はかなり高いのです。それなら…買い増しあるのみです。名目時代は基本的に雪だるま投資が基本姿勢です。利食いではなく…常に買い増しです。

カタルはロコンドを買うため、2万株近くあったテクノスジャパンを上がる前に売ったのです。あと僅かな株しか残っていません。それなのに…個別規制でしょう。

やはり運命的な出会いユビキタスに感じます。折角、空けた信用の枠があります。少し買ってみますか…今、942円で500株ずつ、3回買いましたが、なかなか気配値は変わりません。後場からにしようかな? 前場も、もし株価が緩むなら、もう少し買ってみます。今の株価は949-954-938-942=63000(10:25)です。どうなりますか…。

後場から「テクニスジャパン」(3666)も200株だけ、寄り値で買います。カタルはいつも有言実行で、読者の皆様と共に歩みます。

本日、買ったケネディクスは、朝方は弱かったのですが…再び髙くなってきました。カタルの「雪だるま投資」の口座は、既に評価損益はプラスの領域になっており、11月だったかな? 580円前後の買いの期日が来ます。これが損をせずに、クロスで、期間の延長できるかどうか…。

前から述べていますが、野村証券なども関心を持っています。本日は安いですね。昨日はSUMCOを1000株だけ…また買っています。半導体は世界景気のバロメーターだろうと思っています。実は…こちらの報道を目にした為です。

「市場の整合性」を感じて下さい。

皆さんも無理をせずに、相場を楽しめば良いのだと思っています。それでは…また明日。先ずは100株でも参加して、それから考えましょう。ブツブツ投資なら、どんな高値を買っても…怖くはありません。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。
2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
株式投資関連の本