11/14

カタル:最近技術は…やはり凄いですね。本日は、先日受けた検診の結果が芳しくなく…、大学病院での再検査でした。この病院が出来たのは、2年半ほど前に完成したそうで、全て電子カルテで入力して検査をするのです。入ったのが10時半の予約でしたから、10時15分程なのですが、初診の受け付けを済ませ、問診の段階で20分ほど待ちましたが、その後、すぐに超音波検査、CT検査に、採血、尿検査を済ませ、会計まで自動なのです。病院を出たのが12時を過ぎた辺りで、正味時間は2時間ほどでした。大学病院ですよ。もっと、検査などで待たされると思っていましたが、病院はホテルのような印象で…非常に快適でしたね。やはりIoT時代になると、全てが効率的になり時間が節約できます。これまで無駄に使った時間が…浮く訳です。

そもそも、キャリアとは…。大学を卒業して、仕事をこなせるようになるまで、通常は3年~5年ほどかかります。なかには出来る奴はエリートコースがあり、企業が独自に米国の大学などに通わせ、更に鍛えます。楽天の三木谷さんなどは、興銀の金で、自身を育てて貰って、直ぐに独立ですからね。企業としては、単純計算では損ですが…、彼の場合は起業して成功しており、その分、以上に「みずほ」は、潤っているから、帳尻は合うのでしょう。

でも企業は人を育てる為に大金を使います。戦力になるのは、ずっと先ですね。カタル自身、社員の時に年間表彰を貰うのは、5年程の時間を要しました。小さな会社なので、年間で1位と言っても…たいしたことはないですが、入社して3年で転勤して、その翌年だったような記憶があります。そうして3年程で、また転勤ですね。

要するに、人を育てるのは…時間が掛かりますからね。カタルは良くデータをエクセルにおとしグラフを作りますが、こんな単純な作業でも、綺麗に作成できるには、結構、経験が必要です。でもマクロなどは使えません。だから同じ仕事でも、経験があるか、ないかでは大きな違いです。

同じ仕事を与えて、出来る人と出来ない人の違いが生まれますからね。自分のキャリアを更に上げる為に、社員になっても、休みや夜間などを使い、学校に通い自己研さんを積むかどうか…。同じサラリーマンでも、後に大きな違いが生まれます。勿論、大きな会社は、社員研修をして勉強をさせますが、そんなものは、当たり前の最低ラインですからね。自分で如何に勉強するか…。カタルは会社を辞めてからの方が、株の勉強時間は増えていますが、それでも…、この程度のレポートしか書けません。まだ精度は、今一ですからね。

今回だって…クラウドワークスに対し…読み違いをしています。だいたい、トランプ就任の可能性を考えていませんからね。でもカタルはトランプ氏が、もともと金融規制緩和派だったので…世間よりは、好意的でした。そもそも世界経済の問題点は、「金融規制」にあるのです。でも必要とも言えますからね。だから早くから、小泉・竹中改革と比較していたわけです。

あまりに金融規制が強すぎると…、日本のような泥沼に陥ります。米国や世界は、基本的に資産インフレを容認していますから、日本のようなケースとは違います。日本はガチガチの清貧思想ですからね。だから東芝、三菱自動車…そうして電通と、立て続けに事件が起こります。そもそもオリンパスやIHIも、そうですね。基本政策が変わらないから…大企業と言えども…どんどん疲弊して行くのです。それは当たり前ですね。土地資産だけでも1300兆円も、飛ばしたのです。こんなバカ政策を、いつまでも続けるから、おかしくなったのです。

おそらく…2012年の暮れから始まったアベノミクスは、トランプ政権誕生で、「二段ロケットに点火」しましたね。過剰な自己資本の積み立てが消え…拡大政策に転換できます。多くのメディアも、経済学者も、アナリストも…金融規制の清貧思想化を、誰も指摘していません。しかし経済は片肺では動きませんよ。

片肺だから、末端への恩恵が広がらず、イギリスも「寛容さ」を失い、移民反対で福祉のただ乗り論が生まれ、ブレグジットの選択になったのです。そうして、とうとう市場経済の本丸の米国も、ブロック経済化が勝利するのです。でも幸いトランプ氏は、不動産業の出身で、金融の仕組みをよく理解している筈です。ここで世界の金融規制が転換しますから…一気に、アベノミクスは加速しますね。

しかし読者の皆さんは、実際に株価が上がらないと…なかなかこの事を認めません。日本中、本物が上に居ませんから…この意味が理解できないのです。

例えば今回のクラウドワークスは…600円台からの推奨です。確か500円でも買ったと思います。あの時は700円から買い下がり、500円まで買って、そうして、カタルは、必ず4桁を復帰すると…述べていました。実際に4桁に復帰しましたね。此処からは、全体相場の「成りたち」とも関係します。これは素人には…分からない領域ですね。この感覚は…。金融相場が、あまり強いと駄目ですが…たぶんトランプへの真偽は、そんなに早く確立しません。だから当面は揺れますね。そうすると…クラウドワークスの再評価場面があると思っています。

まだ判断が尽きませんが…2100円の一気の転換は難しいのかも知れません。しかし本日の板状況を観ると…オーバーの売りは82200株、アンダーの買いは95500株で、現在株価は965円です。出来高は165600株が出来ています。金曜日が849600株で…だいたい目先筋の売りは、これで消化されたのでしょう。

カタルも追証懸念が生まれ、仕方なく…建玉を本日も減らしています。これは相場観ではなくカタル本人の力量問題です。そもそも信用の買い残は100万株程度で、ユビキタスと比較して下さいね。目先の信用の買いが膨らめば、調整が長引き目先は駄目でしょうが…、4ケタ以下なら、現物の長期投資家の買いも入りますね。この手の株の下値は、ユビキタスやJTECを見れば分かりますが、だいたい4桁なのです。

最近はバイオ株が崩れている為に、個人マインドは、かなり低くなっています。そうしてトランプ効果で、方向性が大きく変化しましたから、どうしても個人の売りが、嵩みやすいのですね。でも大きいですよ。邦銀株の上昇効果がありますからね。

機会があるたびに…金融株の買い増しが正解でしょう。本日のケネディクスは決算の影響か?…売られているようですが、こんな目先の数字で失望しないでくださいね。この数字は、事前に、作為的に作られています。来年は大幅な増額修正になりますから…。これは、もう決まっています。自分で勉強すれば分かります。実際に不動産業のエキスパートに、不動産の仕組みのレクチャーを受ければいいのです。飲み屋に誘い…実践を勉強すると良いですね。カタルは、商売柄…仕組みを良く知っています。不動産価格などの相場は、恣意的に、いくらでも操作できます。

さて本日のアップは遅くなりました。金融株は急騰しており、買い辛いと思いますが…先ずは、参加する事に…意義があります。証券マンは、先ずは1000株だけでも、顧客に買わせることです。そうして利食いなどは考えずに…買い増し方針が、きっと正しい選択肢なのでしょう。いよいよ二段ロケットへの点火ですから、振り落とされないように…確り、相場に乗ってくださいね。最初が肝心ですからね。金融規制の意味は非常に大切なのです。それでは…また明日。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2016.04.25

    4/25
  2. 2017.07.12

    7/12
  3. 2018.01.19

    1/19
  4. 2017.11.17

    11/17
  5. 2016.11.21

    11/21
  6. 2017.03.06

    3/6
2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
株式投資関連の本