切り拓けるか? 東芝が…

今朝の東京は「寒さ」を感じます。今までが暖かかったせいかな?

この年になりカタル君、年寄りが体調を崩す理由が分かります。たぶん血管が詰まり血液が循環せず、色んな不都合が生まれるのでしょう。カタル君はコルステロール値が高く、いつも健康診断で指摘されていました。でも運動もせず、のほほんと暮らしています。

人間は「やる気」が、如何に維持できるか…此処に尽きます。目標意識を持ち、その達成の為に努力をする。でも年を取ると諦めちゃうのかな? 自分が年を取り、この年になって分かったことは、いくつになっても…人間の気持ちはあまり変わらないという事です。

今でも、良い女を見れば口説いてみたいと思うし、将来は、こんな事をやってみたいと思っています。 将来? もう棺桶が近い年なのに…。江戸時代なら、もう寿命なのです。きっと死ぬまで、人間は夢を追い続けるのでしょう。

その夢の実現は「モチベーション」の強さに尽きるのでしょう。死んだおふくろは良く言っていました。「なにくそ!(負けてなるものか…)」という意地(根性)が大切だと言っていました。

その頑張る精神がカタルにも受け継がれたのでしょう。故にカタル君、常に一番をめざし上昇志向の人生です。同期では常にトップ、業界でも常に一番上をめざし努力をしてきました。

僕らの世界は、実績が全てです。株式や投信などの販売高は、常にグラフで示され、毎日、日報で順番が付けられます。成績優秀者は表彰され、下位の者は会議で毎日吊るし上げ。これじゃ人はなかなか育ちません。株式のイロハの勉強は、自分でやれ!と言う訳です。小さな証券会社はそんなものです。

金利が株式に影響を与える理屈も分からず、証券マンをスタートさせました。カタルが推奨する浦上さんが書かれた「相場サイクルの見分け方」と言う本が、25年も経って日本経済新聞社から復刻されたのは内容が優れているからです。カタルは1989年に上京し、浦上さんにお会いしました。同じ仲間の所に、良く浦上さんが遊びに来ていたからです。その関係もあり、この本を知りました。

この本は基本的な「景気循環と株式の動向」を纏めた本ですが、良く出来ています。浦上さんは若い時から苦労されて…努力を積み重ねて、この知識レベルになったのです。その努力は評価され、日興証券から興銀に招かれたのです。しかも秘書の同伴も認められました。まぁ、長年一緒にやってきた人も、一緒に行くならOKと言う条件だったのでしょう。

昔は資料を集めるのも苦労したはずです。何しろデータがなく、役所に行き調べないとなりません。しかも資料の本はみんな専門書の為に高いですからね。今はインターネットで政府は情報を公開していますから、その情報は無料で、直ぐに手に入ります。良い時代です。

要するに、やる気の問題になりました。インターネットは秘書以上の仕事をします。自分のやる気の問題です。一つの数字を見ても、その意味が理解できてないと間違った使い方になります。

今回の場合、債券のフラット化から「危うい」と誰もが考えており、事前にFAANG株の異常な評価を危惧する声は多くありました。秋の暴落は、過去にもあり連想も働きやすく…トランプ氏は毛嫌いされ、中間選挙をめがけ、仕掛けも入りやすいタイミングなのでしょう。

リーマンショックから生まれた米国一国主義は、最終的にドルの信認問題に繋がるのかもしれません。ブレグジットも社会の寛容さが失われた結果でしょう。移民を拒否する心は分からないでもありません。たぶん、こういう揺れが時代を前に進めるのでしょう。

しかし…「コンドラチョフの波」である時代革命は続きます。産業革命で時代は大きく進化しました。蒸気機関は鉄道網を確立させ、人類は飛躍的な進化を遂げます。今はインターネットから情報がオープンになり、本物しか上に行けない時代に変化し…モノの価値観が大きく変わるのでしょう。誰もが食える時代ですから…ただ中には時代の波に飲み込まれている人も多く…貧困層も拡大しているようです。

日本も江戸から明治に移行する過程は、大変な激変だったのでしょう。大河ドラマを観ると分かりますね。

産業革命の頃、機械打ちこわし運動が起りました。「ラッダイト運動」この語源は、ニット機械を壊したネッド・ラッドの氏名に由来するという説があるそうです。産業革命により工員は職を奪われるから、その職を奪う機械を壊そうという話でしょう。でも事はそう単純ではなく、事前に様々な不満が、複合的に絡み合っており、世間からその運動が支持され暴動に発展したのでしょう。

NHKではAIに職を奪われると…特集を組んでいました。故にカタルは人間の価値観が大きく変わるんじゃないかと思っているのです。その為に実験的にオランダやカナダで行われた「ベーシック・インカム」は、面白い発想だと興味を持っています。スイスもそうかな?

この発想は論理的です。豊かな人生を歩める道具(考え方)になるように思っています。ロボットが人間の代わりに仕事をして…人間は肉体労働から解放され、もっと知的価値の高いものに関心が向きます。故に「文化の価値」はドンドン上がる。芸術家の時代になるかもしれませんね。

今は余暇を楽しむ為のゲーム等の時間が、時間を楽しく過ごせるなら、もっと価値が高くても良いように思います。久しぶりに「ゼルダの伝説」をやり、技術力の進化を感じています。もしこのゲームがVRになったら、人間の脳は、どう反応するのでしょう。

現実と仮想の区別が付くのでしょうか?

株式投資の醍醐味は、自分の想像が現実化する事です。その結果、未来の予想が現実化すると…利益と言う対価を得ることが出来ます。株式投資は自分の想像力を試す場です。自分がどんな未来図を予測するか? 時間の経過とともに、その想像は採点されていきます。

だから時代の先を、読むわけです。今あるデータで…そのデータがどんな形になるかを予測するわけです。様々な条件は、日々変化して行きます。他人の心の中なんか、分かりませんよ。株価が下がる事で、トランプ大統領は考えますね。そのトランプ大統領の行動が、また市場に影響を与えます。その結果が、またトランプ氏の行動に変化を与えます。このように、市場は常に変化しています。

だからカタルの事前予想など、当たるものではありません。でもなるべく誤差がない様に…常に修正を加え、頭の中の未来図を変化させている訳です。その為に毎日、市場の反応を調べ、どうして、こんな結果になったか…その現象がどうして生まれたか、自分の頭で考えます。

面白いでしょう。単にお金が儲かれば良い。そんな単純なものではありません。カタルは東芝の変貌ぶりが、村論理の日本に「変化」を与えるかもしれないと…考えています。「大変革時代の到来」

軽減税率は、村論理の結果で生まれました。曖昧な形で落ち着いたのは、理想論ではなく村論理の中で、みんなの調整です。だからみんなが不満を持っています。理想論ではないのです。今の太陽光発電の問題もそうです。資源がないのだから、太陽光をもっと拡大させるべき…と言う理想論と、現実の板挟みです。NPCの株価が…此処に関わります。

東芝は、日本に新たな時代を「切り拓く」可能性があるのです。何故、カタルがそう考えているか? 車谷さんが、過剰資本の7000億円の自社株買いを発表したからです。

これは効率的な資金運用を目指す市場原理に合致します。もし自分が東芝の社長になったら、誰もが、お金を余分に取って置くでしょう。「まさか」の用心の為に…資金を蓄えます。その方が安全だからです。でも必要のないお金です。

日本には、過去にない水準の企業内部留保が存在します。時代の先が混沌としており、将来が見えない為に動けずに、内部に資金を貯めこんでいます。これが「流動性の罠」と言う状態を生んでいます。

あとは切っ掛けを作ってあげて、みんなで背中を押せば…一気に株価は10万円になります。カタルはM&Aを盛んにさせ、一気に時代を進化させるべきだと思っています。少子高齢化の時代で、一気にAIやロボットを活用して…時代を進めるべきです。

何故、万年500円だった「ダイフク」(6383=自動物流)が、大きく買われたか?

人間の作業員を減らせるからです。安川電機は…意外に強いですね。カタルは決算数字後の株価の反応を見て思いました。ファナックや安川には未来があるからでしょう。それは…目先の中国の設備投資が減るから、株価は下がりましたが…もっと未来を見るとどうでしょう。

年初は、その時間軸を縮めた観方で、株価は大きく評価されました。でも貿易摩擦で、その時間軸が延びる為に、株価は調整を強いられました。面白いでしょう。市場は…。

読者の皆さんは、自分自身の未来図を持ってください。投資金額は関係ありませんよ。1億の人も居れば…10万円の人も居るでしょう。金額のタガは関係ありません。その未来図に身銭を切って、投資してみて下さい。その結果がどうなるか?

カタルは「失われた時代」を通じ、何故、日本が此処まで追い込まれたか? 電通事件など恥ずかしい話です。サービス残業が当たり前、恥ずかしく思いませんか? みんなが「失われた時代」が長い為に、無理をしてきたのです。

前澤さんが月に行く? 良いじゃん。 落合君がテレビにあの恰好で出演するの? 良いじゃん。 新しい価値観がどんどん生まれ、多様な存在を認める「寛容な社会」が形成されれば、日本はドンドン豊かになると思っています。紺のスーツでリクルート活動? どうして統一されるのでしょう。村論理も、いい加減にしないとなりません。ライブドアと同じ過ちを、繰り返してはならないのです。

来週は新しい時代を探る、攻防争いが、まだまだ続くのでしょう。10月一杯は揺れ続け、新しい水準が決まります。

さてカタル君、しばらく留守をします。でもアップできる状態なら、可能な限り簡単でもアップしようと思っています。でも簡単なコメントになると思いますが…。27日までは不定期なランダムな状態ですが、28日から通常の形に戻ります。

お金なんか…単なる道具、道具をどうやって利用して、人生を楽しむか…。それぞれの力量の範囲で互いに頑張りましょう。それではどうなるか分かりませんが…また明日。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2017.04.01

    格闘中
  2. 2016.06.18

    相場の季節感
  3. 2016.10.08

    宿題
  4. 2018.02.24

    仮説の結果
2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
株式投資関連の本