10/27

かたる:祝、三菱UFJは高値更新!です。前の高値779円を上回りました。

当然のことですが…邦銀株の上昇は、日本経済の健全化を裏付けるものです。本日は寄り付きから780円台に突入しました。この現象は「名目経済時代」の確立です。つまり何度も述べていますが…ケネディクスの相場が、間違いなく…大きく伸びることを示しています。三菱UFJの新高値を見て、このような関連性が連想できないようでは…株式投資の基礎が出来てないのです。

さて…お詫びです。

既に原稿は訂正しましたが…昨日は、アップした当初、証券株の言及で「大和証券」と書くところ…「野村証券」と…最初の原稿を間違えて掲載していました。ごめんなさい。何度も読み返しているつもりですが…、間違いも、あると思うので、気付いたら、指摘して下さい。何故、このような…「間違い」に直ぐに気付かなかったか?

「野村」も、落ちぶれたものです。前は株価が4ケタ以下になったことは、なかったのです。リーマンの買収で失敗し…馬鹿経営者が続いているから、カタルが間違えたのでしょう。岡三にも株価が抜かれ…既に、「世界の野村」などのお題目は消えています。OBが怒る訳です。

神戸製鋼も、日産も…本日はスバルですが、東芝も電通も、みんな同じ土壌が、生んだ現象でしょう。実質経済(デフレ)と言う、「無理」を長く押し付けるから、このような現象が立て続けに出現します。何故、この時期に重なるのか? それは時代が、大きく変化しているから…でしょう。故に株式相場は、歴史的な連騰記録の「16連勝」をしたのです。

株式相場を考える場合…このような整合性を、常に考えないとなりません。冒頭に…カタルは三菱UFJの上昇は、ケネディクスの上昇を支えるものだと述べました。同じことなのです。昨日は大成建設も、陽線率が2.71%になっており、日経採用銘柄では3位でした。1位はカタルが前から推奨していたSUMCOで2.77%、そうして2位は、カタルが間違えた大和証券の2.72%です。分かりますか? みんな整合性があるのです。

まだ…お手持ちに、浦上さんが書かれた「相場サイクルの見分け方」(日経新聞)と言う本がなければ…必ず、買って読むことを勧めます。図書館では駄目ですよ。自分で新刊を買うのです。この本は古く、バブル期に書かれた本ですが…景気循環と株式相場を捉えた教科書的な本です。

彼は小柄で温厚な性格です。カタルも、何度か、お会いしたことがあります。苦労したのです。お父さんが早くに亡くなられ…彼の体験は本物です。故に興銀に招かれたのでしょう。もう彼も亡くなられましたが、奥様は健在です

昨日も「投資日記」の事を書きましたが、一流域を目指すなら、自分で努力をしないと駄目です。お金持ちになると言う事は、そういう事です。馬鹿は、他人以上の努力が欠かせません。カタルは毎日、このように努力を重ねています。それでも…馬鹿ですから、この程度です。

ユビキタスの月足推移とRSI推移

カタルは名目時代が確立されているなら、ユビキタスは、必ず上がると思って取り組んでいます。同じことなのです。流れは、冒頭の三菱UFJとは違いますが…名目時代の共通項でもあります。この辺りが…見えないと駄目なのです。

何故か? 証券マンは、自分の頭で考えることです。

多くの人は、株を利食いしたがりますが…馬鹿がやることです。馬鹿は直ぐに利食いをしたがります。買い増しをしません。名目時代は、常に「買い増し」が正解です。

証券マンは商売だから、適度に利食いをさせて手数料を稼ぎましょう。所詮、顧客は損をしなければ…良いのです。2倍、3倍にならなくても、文句は言いません。適当に手数料を抜けば良いのです。ユビキタスは良い銘柄でしょう…違いますか? 適度のスウィングをしています。これなら…高い手数料も抜けますね。でも三菱UFJは…上がると分かっていても、なかなか…。手数料が、重荷になります。機関投資家さんに、任せましょう。上がる銘柄など…非常に多いのです。

カタルが、何故…イナゴ軍団銘柄のユビキタスを、取り上げているか? 本当は…カタルも観測を間違っています。これ程…相場が強いとは想定してなかったのです。でもあり得ますね。ECBもテーパリングを開始するように…世界経済は順調に拡大を続けています。日本株は、この「失われた時代」のおかげで、良識派の優良企業は、アセアンに活路を見出しました。

インドネシアの人口は、世界第4位で…中国、インド、米国に続いています。2億6千万人ですね。だからKKRは、インドネシアへの投資額を増やしています。グリコなど…の食品株は、高値を早くから続けています。冷凍食品のニチレイや、味の素も同じ流れです。カタルが述べている「ピジョン」現象が広がっています。東芝が…どうして劣化したか? 日本郵政が、どうしてM&Aで失敗したか? よく考えるべきです。

さて難しいヒントより…世界基準の話しを一つ。米国のUPSは運賃を一律で4.9%引き上げるそうです。更に、韓国のSKハニックスは、前年同期で…利益が5倍ですよ。前期比でも24%増なのですね。これが世界基準です。東芝の半導体の子会社が2兆円は安いですね。馬鹿経営者が多いのです。神戸製鋼のマスコミ対応を見ていると…あんな連中が役員なの?…と首を傾げたくなる対応です。

まぁ、他人批判は、どうでも良い話です。メディアに任せましょう。小池さんが叩かれていますが…彼女は、たぶん優れています。「ベーシックインカム」にも、食いついていますからね。

これはカタルも、考えています。AIロボットが人間に代わると…社会の価値観に大きな変化が訪れます。故に、今から実験でやるべきです。既に進行していますね。米国でも…。様々な社会現象が、株式相場と結びついています。

今日も原稿が、あっちこっちに飛び…内容に一貫性がありませんがヒントにして下さい。何も、カタルに追随する必要はありません。反対なら、逆でも良いのです。ケネディクスは、貸借銘柄です。カタルは、本日も1000株だけ…買い増しを実行しました。

でも今の関心は「ユ・ビ・キ・タ・ス」なのです。どうなるのでしょう。イナゴ軍団の食いつきが爆発するかどうか…。

今日は、短いかな? アークも来ていますね。日経新聞のフィルムの記事はJTECに、繋がって見えます。…小野薬は、減額した数字を戻しています。これから…ですね。果たしてSUMCOは、一気に2458円を抜けるかどうか…。カタルは前に、この株価を抜くと述べています。ほら…ね。新日鉄が売った時に買えば、効率が良かったでしょう。証券マンの人は、利用していますか? 兎に角…カタルレポートは、ノウハウが濃縮されています。読者の人は、考えながら読んでください。

自分で内容を消化しないから、失敗した時に、「他人の責任」に自分のミスを転嫁するのです。自分で内容を、よく把握して、カタルレポートを有効に活用して下さい。それでは…本日はこの辺で…また明日。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2015.08.11

    08/11
  2. 2016.01.08

    1/8
  3. 2017.02.06

    2/6
  4. 2017.06.16

    6/16
  5. 2017.02.07

    2/7
2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
株式投資関連の本