6/6

かたる:やはり…あまり下がっていませんね。ただ今の日経平均株価は210円安の16432円です。昨日述べたようにトヨタなどの株価水準が下値圏に届いている為に、大きく叩けないものと思われます。しかしマインドは暗いようですね。人気株だったアイフルやケネディクスやパイオニアなどの信用買い残の大きな株が、期日売りに押されていると思われます。本来、マイナス金利が効いているなら、不動産や消費者金融はプラス要因ですが、株価を観ると、一般的な評価である「日銀限界説」に支持が集まっているようにも見えます。

しかしカタルは、そう思っておりません。日銀は何でもできるので…「やる気」の問題だと思っているのです。既に「財政ファイナンス」の状態なので、日銀券など価値がありません。でもケネディクスのPER10倍台への売り込みを観ると…明らかにデフレマインドの復活ですね。しかし現実は、全国の地価動向もプラス圏領域への推移になって来ました。何も、東京の商業地だけではありません。本日も不動産の売買を円滑に進める試みが報道されており、政策当局の本気度が分かります。基本的に政策発動から実際に反映されるまで…一概に時間を言えませんが、株屋の世界では半年と言うのが一つの目安になっています。日銀が1月末に導入したマイナス金利政策の効果は、夏の終わりごろに表面化すると思われます。通常は、株価が先行してその動きに反応しますが…果たしてどうなのでしょう。ケネディクスは400円を割れるかな?

カタルは本日もケネディクスの期日があり、寄り付きで実質的にクロスをしました。本当にバカ息子には、手が焼けるものです。将来、確り育ってくれればいいのですが…一般的に手を掛けるほど、可愛いとは言いますが…実際には、損をしている訳で可愛いなんて…ちっとも感じません。バカ息子が…本当に、困ったことです。こいつのせいで…また2年も3年も、時間を無駄にしています。幸い、クラウドワークスなど…期待してなかった子供たちが親孝行をしてくれ…追証は、今の所は免れています。しかし…危ういのです。何しろ持ち株数が違います。

このクラウドワークスの昨年の高値は…僕らが買った時期ですが、その時の高値が12月8日の733円です。通常は、このタイミングでは…仕掛けませんね。だって買うには安い方が良いのです。期日の投げを拾った方が良いようにも思います。同じ連中が期日向かいを仕掛けているか…それとも新規筋の参入か? 考えられるのは…このどちらかでしょう。カタルが狙っているのは…藤田さん達の介入ですね。彼らの仲間は、みんな金持ちですからね。1億や2億は、ほんのお遊びです。流石に10億円を動かそうとすると…真剣に考えるでしょうが…。このタイミングで動いていると言う事は、予想通以上に企業業績が改善している可能性が…高いのかも知れません。カタルは、次の決算で数字を確認してから、カタル銘柄への昇格を考えていましたが、慎重すぎたのかも知れませんね。まぁ、観ていれば分かるでしょう。733円を抜けるかどうか…。

本日は全体は安いですが…Vテクも予想通りに高いですね。最も強いパターンは、このタイミングでの切り返しのパターンです。ただ場合によれば、2週間程度は休むケースもあります。時間が延びれば…延びるほど、基本的に強くはありません。最強は1週間のお休みですね。果たして…どうなるか。安易な空売りは止めましょうね。此方は薬品と違い…ちゃんと利益が生まれます。ただ安全に見えるから、設備投資は割安感が生まれ、調整が長引きます。だから空売りをしたい人は…下がってからで充分ですよ。空売りはある意味で忍耐です。2年も3年も辛抱できれば…大丈夫です。

本日は…大坂チタンが高いですね。一体、どうしたのでしょう。カタルは1200円台前半まで下値を考えていましたが…、意外に…内容が好転しているのかも知れませんね。5月23日に一度、割れただけでしたね。それも僅かで1297円までです。この株は非常に値動きが良く、人気が出てくると…今のVテクのようなイメージの株になります。通常はこのようにして…株と言うのは、株価波動が反転してきます。あの時は外資系がレーティングを下げ、売っていたようです。仕掛けて…下げなければ…下値は堅く、心配はないと言う事です。あとは玉を拾い…気長に待てばいいのです。ただ…まだ下値が確定したわけじゃ、ありません。チャート上の確認は、株価が上昇して行き、上値の障害ポイントをクリアして、初めて…上昇波動が確認されるのです。時間のある方は調べてみると良いですね。株価位置が下値圏と言う事は…リスクは軽減されますが、時間が膨大にかかる可能性があります。世の中は、まったく上手く出来ています。

目先をやるなら…高値圏の危ない株に挑戦せねばなりません。リスクがなく儲かる株などありません。目先、儲かる株はみんなリスクが高いのです。こんな事は常識ですね。

狙いを付けたら…とことんやるのです。ケネディクスのように3年にもなると…いい加減に飽き飽きしています。今日は高橋カーテンウォールも下げていますね。でも600円は割れていませんね。この会社は、期待できますね。会社側の発表は、今期の数字は減収減益ですが…カタルはこの会社らしいな…と思いますね。日阪製作も、そうですね。いつも過大なのり代を設け、安全を謀ります。なにも…この傾向はケネディクスだけじゃないのです。一般的に、この方が「美徳」とされるのでしょう。まさに村論理です。

でも受注動向を観ると…今四半期は36億57百万円の前年同期比67.2%増となっています。最終的な受注残は8.9%増の116億16百万円ですが…。何故、減収減益予想なのでしょう。決算説明会資料を観れば、受注単価も年々上昇を続けており、今の日本の建設環境で、安値受注などする訳がありません。何しろ建設業は人手不足です。だから数字が増額されることは確定しています。あとは仕掛け人の登場を待つだけですね。株式投資が難しいのは…此処ですね。秋には財政投融資の拡大が決まっておりリニア関連など有望とされています。つまり建設にスポットが集まりますね。建設業で株価が飛ぶ会社を探してみると良いですね。そんなにありませんよ。2倍とか3倍になる会社は…。つまりかなり有望な会社の一つですね。玉が薄いから…安い日に少しずつ集めればいいのです。クラウドワークスもそうですね。カタルは事前に…いつも、こうして述べているのです。

あとは皆さんがどうやって、カタルレポートを活用するかどうかの問題ですね。本当に多くの読者は株価が高くなると買うから、引っ掛かり文句と言うか…株価相談が来ます。カタルは何時も自分の力量を考え、ドル平均法で粛々と買えば良いと述べています。今はケネディクスが下値圏ですね。300円台を覚悟して買い続ければいいのです。あとは自分の力量との相談ですね。大阪チタンも一緒ですよ。此方は下値圏なので…時間を要する可能性があります。博打はVテクでしょう。それに新日本科学と言う手もありますね。それぞれ自分が好きな物をやればいいのです。

さて日曜日に銀行に行く機会があり、記帳してきました。応募者、全員の入金の確認が出来ましたので、有料サイトのご案内をさせていただきました。事前に海外に居て、入金が遅れる人を除きメールを発送しております。ご確認ください。入金したのに…サイトの紹介がないと言う方は…ご連絡ください。残念ながら…今回は、辞退者が居りませんので…追加の募集はありません。先日、申し込んでくれた方から…次回に機会があれば、またご案内をさせて頂きます。悪しからず、ご了解ください。申込者全員の期待に応えられず…誠に申し訳ございません。何しろ、カタルは一人なのです。ごめんなさいね。有料サイトだから…、いい加減な対応が、出来ないのです。ゴメンね



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2017.10.23

    10/23
  2. 2017.03.21

    3/21
  3. 2017.01.24

    1/24
  4. 2017.07.14

    7/14
  5. 2017.08.28

    8/28
  6. 2016.01.12

    1/12
2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
株式投資関連の本