10/28

かたる:流石、日経新聞ですね。昨日の一面、フィンティックの紹介記事でメタップスと言う新規上場株が紹介されていましたが、竹中平蔵氏が関与しているとか…。おそらく日経新聞との関係もあるのかも知れません。カタルも興味を持って簡単にみましたが…野となれ、山となれ…の口で、どちらに転ぶか、ハッキリ言って博打ですね。気に食わないのが、上場前に多くの資金提供者が居り、その価格は現在の株価に直すと…228円になる訳で、およそ短期で13倍の錬金術です。お金持ちは、更に金持ちに成る道理です。その株価が昨日の寄り付きは2497円からストップ高、そうして今日も…今の所、500円近く上がっています。新規上場株は、基本的に売り手がいないから…どっちでも転びます。アップバンクと同じです。

昨日は、このアップバンクが三菱UFJを、TICK回数で抜きトップに躍り出ました。スマフォのアプリ紹介などを手掛けているメディアサイトの会社だそうで…ゲームの攻略などの動画を見せる会社らしいのですが…昨年の売り上げが30億円程度の売り上げの会社で、今期は40億予想とか…。この数字を元に一株利益は64円だそうです。株価は4745円でPER74倍です。30%程度ぐらい伸びでは…理論的に合いません。しばらくは…様子見ですね。本当に…伸び続けるのか?その推移を見てから、投資を考えても、おかしくありませんね。目先の博打以外、買えない銘柄だと判断しています。でも博打が容認されれば…スマートコミュニティーに資金が回り、世の中が元気になります。

それにしても流石、米国です。日本と違い堅調な株価推移ですね。日本株はやはり指数絡みに流されているようです。野村のETFの販売自粛は、金融庁からの規制逃れですね。本当の意味での投資層が育ってない中での荒い値動きは、やはり問題があります。GFIFなどの年金運用者が、もっと腕を磨かないとなりません。長く日本は株式投資を否定してきたので…市場原理意識が根付くかどうか…。小学生からの啓蒙活動が欠かせませんね。金持ちに成ったら、そんなボランティアも良いかも知れません。

昨日のNHKのクローズアップ現代で…小野薬品が取り上げられていました。ガンをPD-1免疫チェックポイント阻害薬で、やっつける仕組みを解説していました。まだ研究段階ですからね。でも凄い成果なのです。小野薬品の株価をもっと高くして公募を実現させ、その資金でガンガンと研究者を増やせば…ガンなどは克服できるかもしれません。これが市場原理ですね。有望な所に資金を提供する仕組みが、市場原理です。官僚が自分達の論理で資金配分を決め、無駄な公共事業や箱モノ投資をするのではなく…民間に資金配分を委ね、市場が常に監視して淘汰する仕組みです。利益が上がる会社は、更に利益が上がるなら、世の中に必要なのです。逆に利益が上がらずに赤字に落ち込む会社は、世の中に必要ない会社なのです。だから自然淘汰されるのです。でもシャープをカタルは残してあげたいのですが…果たして、どうかな?

ケースシラー米国住宅価格指数の推移(20都市平均)
image-1181

ケースシラー米国住宅価格指数の推移(20都市平均)

さて米国ではケースシラー住宅価格指数が発表され、前年比で5%増だそうです。カタルも以前よくレポートで紹介していた数字ですね。最近は追っていませんが…最近のイメージ画像は…こんな感じです。リーマンショック後、13%台の上昇時期もありましたが…、最近は4.5%~5%程度の上昇で落ち着いている動きです。グラフは全米20都市平均指数推移です。

今日はイエレンさんの議会証言かな? …があるそうで、最近の株価の戻りを見ると…12月の利上げ説が、再び現実味を帯びてきます。同時に、オバマは南沙諸島にイージス艦を12カイリ以内に航行させたとか…。先日の米中会談での結果を受けた行動ですね。日本も巻き込まれる可能性は高く…、昨日、NHKの番組で、オスマン帝国とドイツの同盟から、第一次世界大戦に発展する様を見て…なんだか、気になります。米国にとっては、日本を防波堤に使えば良いだけの話です。このドキメンタリー番組で、アラビアのロレンス(イギリス)がアラブ人を利用して、騙す場面が描かれており…似ているようにも見えますね。株式投資の世界と同じで…、最後の選択と行動は、非常に大切です。

関心の高かったファナックの数字も、安川と共にマズマズです。非常に良いと言う訳ではありませんが、市場が悲観している程、中国経済は大きく落ち込んでいる様子でもないですね。アップルの新型スマフォの売り上げ台数は、予想に届かなかったようですが、全体の業績数字は予想以上とか…。基本的に米国は良いのです。何故なら、世界中の資金が還流しているからですね。基本はお金の流れなのです。カタルが貨幣乗数を述べているのは…お金の流れが鈍っているからです。いくらマネタリーベースを増やしてもマネーストックが増えないと意味がありません。基本はお金が激しく回転しないとならないのですね。

証券マンの人は、故に、日証金の信用回転日数と言うのは、非常に貴重なアイテムなのですよ。基本は10日以下の株を手掛けないと手数料は上がりません。通常、人気株は5日間を切ります。この数字が2日間程度になると…ピークを覚悟しなくてはなりません。テクニカルの問題ですが…注意を要します。人気株は5日前後の数字が、何日も継続するのです。貨幣乗数効果に…似ていますね。日銀さんは、緩やかに眺めている時間があるのでしょうか? 未だにデフレから脱出していませんね。既に2年以上が経過しています。まぁ、ケネディクスだけ見ておけば、日本の…立ち位置は分かります。

さて今日はこんな感じで…良いかな? 要点は、レポートに盛り込んだと思っています。所詮、現物小型株の値動きが主体の相場なら…行く末は見えています。日本郵政の影響なのかどうか…? もう直ぐ判明しますね。カタルはこの影響の為に、日本株の値動きが悪いんじゃないか…とも考えています。だから上場されれば喪が明け、劇的に変化するかも…。ケネディクスは微妙な値動きですね。449円を少し下回り整理を続けています。オーバーの売り物は、再び減り出したようで…。自然体で…信用買い残の整理が進んでいるように見えます。カタルは基本的にアイフルより株価位置が上なのが…道理だと考えています。

最後に先日、THKにブラックロックの動きがあると下値で紹介しましたが、今日は森精機にも、今はDMG森精機(6141)かな? …にも、何処かのファンドが買い増しをしていたようです。カタルは「日阪製作」を選んだのですが…この設備投資がらみは、政策支援もあり、本当に伸びるのでしょうかね? 株の読みと言うのは…先日、川岸工業を見て、高橋カーテンウォールを連想したように…事前の読みが、出来るかどうなのですね。でもこの手の株は、一発なのです。故に博打ですからね。余程の仕手筋が参加しないと駄目なのです。Vテクなども、その口ですね。

おそらく…、今日はアイサンテクノロジー(4667)が高いように…この関連は育つと思っています。だから本命の「パイオニア」が続くと考えている訳です。証券マンは、良く流れを見て…行動しないとなりませんね。安川からファナックの動きは、Vテクに繋がるのですね。

お客様によれば…三菱UFJの信用残の推移は絶妙です。だから先ほどの日本郵政から喪があけると書いた心理は、金融株の高値復活を述べているのですよ。レポートの文中も「書き手」の心になって、読まないとなりません。新聞記事もそうですね。何故、フィンティックの記事に…「メタップス」を登場させたのか? あれは…僕らが良く使った手です。日経の記者に、フィンティックの話を聞くのです。最近の取材はそうですか?その会話の中にさりげなく…、「メタップス」って、こんな話を聞いたけれど、本当なの?…と、記者に聴くのですね。そうすると…人間心理は、必ず、記者魂に火が付き…記者本人が、調べます。そうすると…あんな形で、後日、記事が紹介されます。そこを…筋は責めるのです。

所詮、株価動向は「化かし合い」…仕掛け筋が、どの程度の力を保有しているかどうかで、上値が決まります。パイオニアは、あの時期に強いから…相当の仕掛け筋が関与していると読んでいます。こんな事は、当然ですが、分からないのですよ。当たり前の話です。それを…誰かが言ったから信じたとか…他人の責任にするのではなく、全ての行動は、自分の責任なのですね。自分でどれを選択し、どのタイミングで投資するかどうかなのです。あとは、自分の力量の問題なのですね。どんな株も、倒産しない限り、ドル平均法で粛々と買えば…必ず儲かります。例え、シャープでもそうです。倒産すればアウトですが…来年は相場になる可能性が高いのです。何故なら、4Kか、8Kブームが再び始まります。あともう少し…なのですね。それでは…また明日。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2018.06.06

    6/6
  2. 2017.10.31

    10/31
  3. 2016.08.31

    8/31
  4. 2016.02.23

    2/23
  5. 2018.06.19

    6/19
  6. 2017.07.24

    7/24
2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
株式投資関連の本