5/28

いよいよ本格的な「名目時代」入りを、予感させる相場がスタートしたのかも知れません。正直に言えば…カタルも全く分かりません。既に日経平均株価はかなり戻っています。カタルの所にも…連日、全快のお礼メールが届き、嬉しい限りなのです。

昨日は3月13日に頂いたメールの人が、全快したと言います。この3月13日、とっても暗い場面でした。通常は、株なんか買えない場面です。しかし彼は、その後の上昇過程も怯まずに…株を買い続けたようで「全快」に、至ったとの事です。

まだ…どのヘッジファンドも損失がある程度、残っていると思うのです。事実、カタルの短期口座は、まだ全快になりません。この原因は追証を入れずに投げた為ですが…。他の2口座は、既に全快です。それぞれ…投資方法を変えての実験をしています。株式投資は様々で、色んなやり方があります。

その短期投資、昨日は小幅に売り上がっていたのを、かみさんが見て…「昨日も売ってなかった?」と聞くので、「そうだよ。だって、まだ一杯、持っているもの…」と言ったら、彼女に「チマチマ…やってんじゃねぇよ。」と、怒られました。連日NY市場の大幅高を伝えているからでしょう。

テレビでは有名なアナリストが「実体経済と株価の遊離を訴えて…株は下がる」の大合唱です。実体経済と株価は乖離をしていると言うのです。

でも…昨日からようやく、「過剰流動性相場」のハシリが見られてきました。カタルは会員には浦上邦雄さんが書かれた「相場サイクルの見分け方」と言う本を教科書として買うように述べています。この本は、バブル期の1990年に書かれた本です。故にグローバル対応しておらず…今では使えない本ですが、「株式投資のイロハ」が分かる本です。

株価の決定要因は金利などのコスト、企業業績、株価の関係が、どう変化するか? この本では、景気循環に沿って描かれています。その中で「強気相場は悲観の中で生まれ…懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感と共に消えて行く」と言う有名なウォール街の諺を紹介しています。

ケネディクス3日間の悪夢の様子

まさに…昨日、前回に、その読者からメールを頂いた3月13日からの1週間は、総悲観の嵐でした。覚えていますか? あれは3月17日かな? 後場寄りにケネディクスの売り物が300万株、用いられ…そうして更にも翌日も、寄り付きから350万株の成り行き売りです。でも翌日の3月19日は更に大幅な陰線でした。

カタルが建玉全部を現引きする覚悟を決めたのです。借金をして…です。あの週は毎日、郵便局に通い、かみさんの口座から50万円ずつ、5日間連続で引き出したのです。その前も借りているのですよ。兎も角、暗い時でした。まさに…総悲観です。

「強気相場は、悲観の中で生まれ」…この言葉が良く理解できます。そうしてその後、こう続きます。「懐疑の中で育つ」のです。有名なアナリストは、実体経済と株価の遊離を連日、テレビで報道しています。

ケネディクスの信用残の推移

日経新聞はテレワークの導入などで、不動産は下がると、連日…述べています。これだけ洗脳をされると…ケネディクスの「カラ売り残」も増えます。先週の三市場残の売りは136万株です。一方、買い残はピーク時の6380万株から261万株です。株価はジリジリした上昇を続けています。もう5年間かな? 6年目かな? 此方がその様子です。

カタルは日本経済の完全復活には、不動産価格の上昇が不可欠で…「1300兆円の逆襲」シナリオを提示しています。

この失われた時代下の30年間で、失った経済的な価値が1300兆円ですよ。今回のコロナ予算も、凄い、ばら撒きですが…こんな政策は聞いたことがありません。でも識者は「清貧思想」をテレビで、理路整然と述べています。馬鹿カタルは、「おかしいよ。いい加減に清貧思想をやめようよ」と、ずっと訴えています。

だって…黒川さんの掛け麻雀、確かに立場を考えれば、明らかに咎められますが、もう辞職したのです。 点ピンと言うのは、僕らが高校生の時にやっていたレートですよ。ひと箱3000円です。何故メディアは、連日、叩くの? 

安倍さんは、確かに色んな欠点もあるでしょうが、ソコソコの対応をしています。だから株価が上昇してきたのです。カタルは一貫して…株屋ですから、安倍さんの支持です。仕事のしない人間が、ブツブツと文句を言うのです。はやく、早く…もう「財政ファイナンス」なんですよ。

メディアの皆さんは、カタルより、ずっと高学歴です。有名な東大や早慶など…世の中の一流と呼ばれる大学出です。でも現場の歩合給で、叩き上げたカタルは、サラ金地獄を味わい、来月の家賃はどうしよう。子供の学費はどうしよう。食費はどうしよう。

その度に、友達に頭を下げて50万円ずつ、借りるのですよ。サラ金も…みんなもう貸してくれません。そんな生活なのです。今回のコロナ? 「いつまでも政府に、甘えるんじゃない。いい加減にしろ」と言いたいですね。

昨晩のNY市場の上昇率上位と、下落率上位を観ましょう。上位はアメリカンエキスプレス、GSにJPモルガンです。ほら…金融株のオンパレードです。此方です。

ようやく…一つのシナリオである「過剰流動性相場」に、NY市場は反応しています。この傾向は最近ですよ。だから昨日、三菱UFJに「買い気配」が付いたのです。カタルは会員にO君の話をしています。昨年(9月かな?)の臨時会員レポートを読んでください。このシナリオです。

野村証券の日足推移

本日は野村証券を寄り付きで2000株だけ買いました。同時に引っ掛かっているJトラストも2000株を買いました。もう一つ、買いたいのですが、まだ買っていません。果たして…ケネディクスが、この揉みあいから、大きく離れるかどうか…後場から楽しみです。

この金融相場の3点セットは、「銀行・証券・不動産」株です。アララ…「チマチマ、やってんじゃねぇ~よ。」と怒られたロコンドは、新高値ではないですか…。

ほらね。神主さん、「あんたは、何度も、カタルに同じ事を聞くんじゃねぁよ。」と本日は言いたいです。カタルは1200円台の高値で、あの時は5000株を保持していたのです。現物株の他に…です。やはり…一気に1万円になるかも知れません。今年、もし年末で1万円を付けたなら大変です。まぁ、カタルの感覚では、付けるのは来年だろうと思っていますが…果たして当たるでしょうか?

このように…銘柄なんか、一つで充分です。上手に売り買いを楽しんでください。通常、高値を取るには、もっと出来高が膨らみます。この現象は、たぶん玉が吸い上がっているのでしょう。誰かが、現物沈潜活動をしているのです。

でもこの株は、「小型現物株」と呼ばれる部類に分類され、値動きが激しく動きます。上にも、「下にも」…です。だから無理をせずに、ブツブツ投資を心掛けましょう。仮に高値を買っても構いません。もし下がったら、また買うのです。カタルは1291円を買い、今回の安値の1080円かな?を、連日、買っていました。だから上がると思っても、チマチマ売ったのです。それを内のかみさんは、「チマチマするな!」と発破を掛けられました。バーン。

でも…ね。3月17日、18日のケネディクスを考えると、あの恐怖を同時に忘れないでください。株の世界は、何が起こるか分かりません。あらら…ロコンドちゃん、もう1350円じゃないの? 先ほど500株1250円、1270円、1290円と売ったばかりなのに…。今度は買い直さないとなりません。何処で買おうかな? 今日はストップ高?…なんてあり得ないよね。1548円だもの…でもイナゴタワーが生まれるかもしれません。どうなるのでしょう。楽しい悩みです。

さて…公約通り、三菱UFJは450円を上回り、464円を付けています。この株は、ロコンドとは違い…大型株ですから、上下に大きく動きません。通常は、これでも大きな値動きの範疇です。でもあの時は500円割れでも安いと考えていました。だからそのラインに戻る可能性が高いと思っています。

同時に…出遅れ修正の最終ランナーが来たので…そろそろ戻り相場も限界と言う考え方も成り立ちます。どっちかな? カタルは追証を引き上げ、相場が見えなくなりました。

今は「過剰流動性」のシナリオも、視野に入っています。だから、本日は野村証券を買ったのです。後場からケネディクスが急伸するなら、その可能性もあります。これが「市場の整合性」と言う考え方です。同時にJトラストも、上昇波動に転換をします。カタルはいつも事前に、皆さんに相場の見所を伝えています。

此処は…判断が難しいのです。

しかし「コロナの後は、バラ色相場」とカタルは述べていました。本当のバラ色相場は、こんなものではありませんよ。それを知っているのは「バブル期の大相場」を知る年配者だけでしょう。兎に角、最後は、売り物が欲しいのです。

過剰流動性とは…1000万株単位で注文を発注する証券マンの相場のことを言います。今はまだ可愛い「ハシリ」に過ぎません。此処では…同時に、「財政ファイナンス」の意味を思い知ることになります。この可能性もあるのです。

丁寧に解説をしないと…皆さんは分からないでしょうが…カタルは実践派です。どんな相場にも対応できます。故に、高値を承知で野村証券を買いに行ったのです。どうなりますか…。

強気相場は悲観の中で生まれ…懐疑の中で育つのです。それでは…また明日。

アララ…先ほど売ったロコンドは1395円まで来ています。それではカタル君は、後場寄りに500株だけですが…この高値で買い直します。 こんな事を宣言して、本当に大丈夫かな? まだ後場寄りまで…いや前引けまで1時間以上もあるのに…ただ今の時間は10:30です。1255-1395-1248-1381=1297600なのです。ひょっとすると…1500円台で買う事になるかも知れません。エェイ!博打、博打。博打祭りだぜ!

良いですか、皆さんは、無理をせず…自分の「力量」を把握して…自己責任で行動しましょうね。 踊る阿呆に見る阿呆、同じアホなら、踊らにゃ損、それでは…また明日。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2018.10.30

    10/30
  2. 2020.07.06

    7/6
  3. 2017.04.21

    4/21
  4. 2019.04.19

    4/19
  5. 2017.02.07

    2/7
  6. 2015.01.13

    01/13
2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
株式投資関連の本