6/9

かたる:三菱UFJも、いよいよ市場原理に目覚めたかな?…と思った次第です。日本では「江戸の仇は長崎で討つ」と言う言葉があります。村論理の日本は、業界の秩序を乱す行動を毛嫌いします。故に奉加帳方式にも不服ながら応じ、世間体を保とうとします。でも、もし本当に国債の入札の資格返上と言う事になれば…面白いですね。三菱UFJは日銀のマイナス金利政策に、前から異議を唱えており、その布石とも捉えられます。この辺りの解釈は様々なのです。どう考えるか…非常に重要なパーツですね。時代の流れの推察にあたり…色んなキーワードが浮上します。相場観とは…何か?と問われたら、それらのパーツの組み合わせで、一番、整合性のある道を選択する事になります。一見、全く関係ない離れた現象と思われるものも、実は同じルーツを持つ場合があります。

例えば…カタルは世界中の中央銀行が、これだけ量的緩和をしている訳で…何故、インフレにならないか? 不思議なのですね。なかなか、この「解」に、辿り着けません。カタルの推察は…この理由として世界経済に於いて…金融デリバティブが急速に、かつ大きく世界中に波及し…BRICsの躍進に繋がりました。そのおかげで中国は巨大な権力を手にしたわけです。パワーバランス上、この仕組みに「楔」を打つ必要が生じたので…金融規制が発生し、中国の減速が決まったと思っています。まだ中国経済はドンドン疲弊するでしょう。ただここに来て原油価格が戻っています。この意味は、金融規制が峠を越えたと言う見方と…次は異常な資源価格の上昇により、仕組み上、大量消費になった中国経済をやっつける戦略があるのかも知れません。一度、豊かさを知れば…その生活水準を元に戻す事は容易ではありません。

大概、世の中の仕組みは、許容限度の中で創造されています。だから異常な現象に、世間は驚くのです。でも想定外の事態は、実際…良く起ります。株価の見通しを考えると分かりやすいですね。ノーベル賞を受賞したマイロン・ショールズやロバート・マートン等のドリームチームが作ったロングターム・キャピタル・マネジメントと言うヘッジファンドが、ロシア危機で破たんしました。通常なら…必ず儲かる仕組みだったのです。魔坂のイレギュラーが発生しパンクです。このような実例が現実社会ですね。株の世界は、いつも…絶対にあり得ない事態が…時々、おきます。だから注意が必要なのです。常に絶対など、あり得ません。北朝鮮が、ある日突然、核ミサイルを日本に発射するかも知れないのです。まぁ、そんな事を考えていたら、何にもできませんが…株式投資をする以上、色んなことを想定して取引をした方が良いと思っています。信用買いの場合は…全部、現物に出来るなら問題はありません。

まぁ、脅しはこの程度にして…。今の市場は強いのか…弱いのか…サッパリ理解できないのです。カタルの付けている統計は、強いようにも見えるし…弱いようにも見えるし…、どちらでも解釈できるような状態です。ただ昨日、述べたように安倍首相は選挙戦に於いて経済政策をテーマにして戦っています。つまり非常に力強い限りですね。デフレ脱却を主眼に経済を動かそうとしており、既に緩やかですが…確実に量的緩和は効いています。市場参加者のマインドは、年初からの下落で弱いのですが…カタルの短期取引の状態はマズマズなのです。だって…間もなく3倍が視野に入って来ました。でも実際は儲けに対し20%の税金がかかるので、300万なら60万、400万なら80万が抜かれますから…まだ結果に対し不満ですが…、それでも日経平均株価は底這いなのです。それに比較すれば…マズマズかもしれません。でもカタルの自信を支えている相場観は、1年で10倍程度に膨らます事が出来ないかどうか? もし、それを続けることが出来たら凄いですね。今年は世界中のヘッジファンドの成績は悪いのです。

でも下手糞ですね。だってVテク一本勝負でも良かったわけです。結果論は誰にでも言えますが…実践は難しいですね。あの3000円台~5000円台の往来相場で仕上がり宣言をしたわけです。しかし最初は1万円相場か?…と思ったのです。もともとVテクは小型株の割に、貸借銘柄で仕手性がありましたからね。M&Aの時や大量受注の時にも、チャンスはあったのです。仕掛け人と言うのは、このようにして…相場を創っていきます。通常は1年~2年程度…掛かりますね。

今、狙っているのは、大阪チタンなどですね。この株も素質を持っています。ただ最近の航空機は、チタンを使わなくなっています。原油安で海水を淡水にするプラントなんかも…低迷しているでしょう。原潜もオーストラリアの受注を逃しましたね。だから、なかなかV字回復にならないかもしれません。でも半導体はマズマズです。相場と言うのは時代が動いており…芽はあっても、必ず、育つとは限らないのです。

それを素人は…簡単に結果が分かると思い込み過ぎです。様々な要素が絡み相場が形成されていきます。カタルはレポートを公開している訳で…何時も事前に予測を発表しています。あとは皆さんの利用の仕方次第ですね。ソニーは良いですよ。実に順調に相場が育っているように見えます。ソフトバンクも同じですね。大型株は変動率が低いように見えるかもしれませんが…何れ、上がります。ピジョンの事例を見れば分かりますね。何も小型だけではありません。カタルはたくさんの肥やしを蒔いていますが…作物が、必ず育つとは限りません。途中で害虫にやられたり…長雨で根が腐ったり…様々なのです。

あまり期待して貰っちゃ困るけれど…ソコソコの成績でしょう。株なんか基本的に下値が買えないようであれば…必ず上がります。要するに…下がらない株を探せばいいのです。長く横ばい波動を続けている株とか…。まだ大阪チタンは下値を確認していませんからね。既に底を打っている可能性はありますが…、まだ下が在るかも知れません。要するに打診買いをして動きを観ている段階ですね。こんな銘柄は幾つかあります。昨日だったか?一昨日だったか? JVCKWのレーティングを、何処かの証券会社が下げていましたね。でもカタルには底値圏に見えますね。パイオニアも同様に…下値圏に見えます。でも信用買い残は重く、両者とも触手が動かなかったのです。多少は上がるでしょうが…相場にはならないと思います。では相場になる株は…どんな株か? 実は可能性の高い株が一つあります。実に楽しみに見えています。何れ、皆さんにも、お伝えする時期が来ると思っています。

Vテクを持っている人は、此処で揉んだ方が良いですね。1万円の手前で…揉めば揉むほど大きくなるような気がしています。カタルは先日、買い増しした玉は外しました。種玉だけが、残っているだけの話です。本当に失敗しました。3000円の時から仕掛けた訳で…継続すればよかったのです。たった1000株で600万ですからね。分かりますか?こんな相場は余りありません。でも多くの人がカタルと同様に…折角、チャンスを握ったのに…幸運の女神に見放されるのです。後ろ髪を、如何に…しっかり握ることが出来るかどうか…。銘柄など…なんでも良いのです。ソフトバンクだって、既に1000円以上上昇しています。ソニーもマズマズですね。

そうだ、まだ持っている人が居ると思うので…先日、カタルはフュートレックを買ったと言いましたね。買い値は850円と855円です。実は、一度、みんな売ったのです。でも先日の上昇を観て…やはり相場があるかな?…と思っており買い直したのです。この形とカイオムの形は、実に似ています。フュートレックは、おかしいと思い、一度、綺麗に抜けたのですが…カイオムは、見事に引っ掛かりました。何が共通点か?分かりますか…。カタルにとって…同じ感覚の銘柄なのです。業種は違うけれど…相場論として同じ感覚なのですね。最近は、この手の現象が多いように思います。おそらくHFTの影響かと思っています。故に興味深く、両者の株価を追っている次第です。ある意味で、新日本科学も同じようにも見えますね。

この話の続きは、またの機会に…。ベテランの証券マンなら、この意味が分かるかな?カタルが感じていることが、分かったら…皆さんも、たいしたものです。何しろ、カタル君、株だけ、毎日、売り買いを続け、40年近く勉強してきたのです。大工なら、とっくに一人前なのに…。株屋は、なかなか一人前の世界に辿り着けません。トホホ…。また明日。



amazon.co.jp 全品に拡大 無料配送キャンペーン実施中!詳細はこちらをクリック。

関連記事

  1. 2016.07.20

    7/20
  2. 2015.03.31

    03/31
  3. 2017.03.10

    3/10
  4. 2016.03.03

    3/3
  5. 2015.07.03

    07/03
  6. 2017.10.06

    10/6
2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
株式投資関連の本